Hyponex

マグァンプくん日記

培養土が基本です。

2016年2月26日

バラの植えつけ、植え替え作業は順調ですか?

バラ栽培では、肥料も重要ですが、良い培養土が基本となります。

水はけの良く、水もちの良い培養土を選んでください。

水はけが良く?水もちが良い?というと相反する言葉で余計迷いますよね。

写真のように、
  基本的にはパラパラしていて、握れば固まる土 と思ってください。

小山内さんはセミナーで、

「赤玉土や腐葉土や軽石や鹿沼土やパーライトや。。。
   いろいろな土が混ざった チャーハンのような土を選んでね。」

とお話されます。


芽だし肥と芽薬です。

2016年2月22日

ジョイフル本田瑞穂店ガーデンセンターさんで、

京阪園芸 小山内健先生のイベントを実施させて頂きました。

天候の悪い中、100名以上のお客さまにご参加頂きました。

ハイポネックス原液殺虫剤入り

講習会の中で、 新製品”ハイポネックス原液 殺虫剤入り”

効果的な使い方についてもご紹介頂きました。

3月の桜の開花時期には、新芽の勢いを出すために芽だし肥が必要ですよね。

新芽は、とてもやわらかく、活動を開始したアブラムシが着きやすい時期です。

開花に向けて成長をはじめる新芽の出鼻を

挫かない為にも、芽薬(アブラムシ退治)がおススメです!

”ハイポネックス原液 殺虫剤入り”は、名前の通り、

ハイポネックス原液(液体肥料)に浸透移行性殺虫剤(ジノテフラン:アブラムシ殺虫剤)をひとつにした商品です。

だから、
一回の作業で

芽だし肥芽薬となります!!


 ※写真をクリックして頂くと、商品詳細ページにリンクします。


クリスマスローズの元肥は、”マグァンプK小粒”ですよ!!

2016年2月15日

 

ジョイフル本田瑞穂店さんで有島薫先生による『クリスマスローズの楽しみ方』セミナーを実施させて頂きました。

気温も2月とは思えない21℃と暖かく、多くのお客さまにご参加頂きました。

 

 

 

メルマガでもご紹介しているとおり、有島先生は、当社の肥料でクリスマスローズの大株つくりをして頂いてます。

実演では、”マグァンプK小粒”を元肥として、ご利用頂いております。

 

 

有島先生 ジョイフル本田瑞穂店

 

”マグァンプK小粒”を元肥に?と思われますよね。

クリスマスローズは、6月以降、肥料を切るという栽培方法です。

その為、肥効期間が、2ヶ月の”マグァンプK小粒”が春までの植え替えには最適なのです。

 

 

 

まぐ美

 

 

もちろん、植えつけ時の、活着促進には、 リキダス”をご推奨頂いてます。

 

 

有島先生 ジョイフル本田瑞穂店

※写真をクリックして頂くと、商品詳細ページにリンクします。


クリスマスローズもスペシャリスト!

2016年1月8日

 

三越チェルシーガーデンローズアドバイアザー 

有島薫先生にお会いしました。

有島先生

 

みなさんご存知のとおり、バラのスペシャリストです。

特に、イングリッシュローズ、鉢バラ栽培で大変有名な先生です。

先生と写っているバラは、京阪園芸さんの”つきよみ”です。

 

つきよみ

 

”つきよみ”は、1月でもこれだけ、多くお花を咲かせています。

大変丈夫で、フリルの花びらがエレガント、

深みのあるローズピンクの色合いが素晴らしい品種です。

 

 

 

有島先生は、バラだけでなく、クリスマスローズの先生としても大変有名です。

特に冬~春にかけては、クリスマスローズでも大忙しです。

先生が栽培されているクリスマスローズは、こぼれんばかりの花(ガク)数で圧巻ですよ。

先生は、クリスマスローズの施肥管理に、

プロミック クリスマスローズ用”と”ハイブレードバラ”を愛用頂いています。

ハイグレードバラ 450ml

 

 

有島先生のブログはご覧になられていますか?

ブログでもご紹介頂いてます。

クリスマスローズの栽培法を分かりやすく掲載頂いてますので、大変勉強になります。

是非、ご覧ください。

有島先生ブログ

 

 


1 16 17 18