1. 植物の育て方
    2. 植物名から探す
    3. は行
    4. ベンジャミンの育て方
植物の育て方How to Grow plants
ベンジャミン

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ベンジャミンの育て方・栽培のポイント ]

ベンジャミン学名:Ficus benjamina  /科名:クワ科 /別名:シダレガジュマル /原産地:インドからマレーシア /分類:常緑低木 /耐寒性:弱 /耐暑性:強

特長

光沢のある緑の葉や樹姿や美しいゴムノキの仲間のベンジャミン。枝が柔らかいので、いろいろな形やサイズに仕立てることができます

。緑色の葉に乳白色や黄色の覆輪斑が入る品種もあります。育てやすく初めての方にもおすすめの植物です。

 

置き場所

明るい日陰。株をしっかり育てるには、できるだけ日当たりの良い場所に。冬は屋内で管理

 

水やり

春~秋は鉢土が乾いてきたら水を与え、冬は控えめにして乾かしぎみに。多湿を好むので、年間を通してこまめに葉水を。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植え付け

水はけ、水もちの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などを使用します。または水はけの良い培養土に元肥として『マグァンプK大粒』を混ぜ込み鉢に植えつけます。小~中鉢は毎年、大鉢は2~3年に1回、ひとまわり大きな鉢に植えかえましょう。

培養土 プランター用
培養土 プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

 

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

植え替え
illust37

鉢底から根が出てきたら、ひとまわり大きな鉢に植えかえます。
植えこむ用土と根鉢の間にすき間がでないように注意しましょう。

 

肥料

夏に1回、『プロミック観葉植物用』を置肥するか、『ハイポネックスストレート液肥観葉植物用』を与えます。肥料が多いと枝葉が伸びすぎるので、与えすぎに注意しましょう。

プロミック 観葉植物用
プロミック 観葉植物用

鉢土の上に置くだけで、葉の色を鮮やかに、丈夫に育てます。土に置くだけの肥料です。

 

ストレート観葉植物
ストレート観葉植物

簡単にお使いいただけるように、観葉植物が必要とするチッソ・リンサン・カリなどの各種栄養素を含む、すばやく効く清潔な、そのまま使える肥料です。

 

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

 

病害虫

虫:カイガラムシ、アブラムシ、ハダニ

病気:炭そ病

 

育て方・栽培のポイント

耐陰性はありますが、できるだけ日当たりの良い場所で育てます。寒さに弱いので、冬は室内に。空気中の湿度が低いと葉を落とし始めるので、霧を吹いて湿度を上げましょう。挿し木をする場合、5~7月が適期。枝を10~15cmの長さに切り、先端部の葉を4~5枚残して下葉を落として挿します。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.