植物の育て方How to Grow plants
ダイコン

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ダイコンの育て方・栽培のポイント ]

ダイコン学名:Raphanus sativus  /科名:アブラナ科 /原産地:地中海地方、中東 /分類:1年草 /耐寒性:強 /耐暑性:弱

特長

ビタミンB、C、D、Eなどの栄養を含むダイコン。

冷涼な気候を好みますが、10℃以下になると花芽がつき、根が肥大しにくくなるので注意しましょう。

通気性や保水性、排水性が良い土で育てると大きく生長します。

 

置き場所

日あたりの良い場所

 

水やり

表面が乾いたら、株元にたっぷりと水やりをします。

 

植え付け

有機質を含んだ水はけ、通気性、保水性に優れた『ハイポネックス野菜の培養土』、または水はけの良い培養土に、元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を混ぜ込み、種まきをします。

 

野菜の培養土
野菜の培養土

おいしい野菜を大きく育てます。トマト・キュウリ等の背の高い野菜が風で倒れにくい少し重たい培養土です。

 

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

肥料

元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を施します。2、3回目の間引きのときに追肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を施します

 

病害虫

虫:コナガ、アオムシ、アブラムシ類、キスジノミハムシ アブラムシの駆除と予防に『HJブルースカイ粒剤』を土に混ぜ込んでおくのもおすすめです。

病気:多湿による斑点細菌病、横縞病

ブルースカイ粒剤
ブルースカイ粒剤

土に混ぜ込むだけ!アブラムシやコナジラミの退治ができます。臭いが少なく使いやすい粒剤タイプの浸透移行性殺虫剤です。

 

ダイコンの育て方・栽培のポイント

冷涼な気候を好みます。根菜類なので種まきして育てるのが一般的です。種は1か所に4~5粒の点まきします。まいたら軽く土をかぶせて水をやります。発芽後、本葉1~2枚で3本立ちに、本葉3~4枚で2本、本葉6~7枚で1本立ちにします。その際に土寄せをしますが、2回以降は追肥も併せて行います。根の肥大時期に水が足りないと根が破裂してしまうので、注意して。白い根茎が土から上がってきたら収穫適期。遅いと根が裂けたり、素が入ったりするので注意してください。

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.