1. 植物の育て方
    2. 植物名から探す
    3. は行
    4. フェンネルの育て方
植物の育て方How to Grow plants
フェンネル

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[フェンネルの育て方・栽培のポイント ]

フェンネル学名:Foeniculum vulgare  /科名:セリ科 /別名:ウイキョウ /原産地:地中海沿岸 /分類:宿根草 /耐寒性:強 /耐暑性:強

特長

甘みのあるすっきりとした香りが楽しめるフェンネル。直立した茎に、細かい羽状の葉を密生させます。香味料として魚料理などによく使用されます。普通種以外に、茎葉が銅色になるブロンズフェンネルや、株元が肥大するフローレンスフェンネルなどがあります。

 

置き場所

日当たり、風通しの良い場所

 

水やり

鉢植えの場合は表面が乾いたら、水やりをします。庭植えは夏の乾燥が続いた日に水やりします。

 

植え付け

水はけの良い土を好みます。鉢の場合は『ハイポネックス野菜の培養土』などに元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を混ぜ込み植えつけます。

野菜の培養土
野菜の培養土

おいしい野菜を大きく育てます。トマト・キュウリ等の背の高い野菜が風で倒れにくい少し重たい培養土です。

 

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

肥料

年に2回、春と秋のみ、『ハイポネックス いろいろな野菜用粒状肥料』を与えます。

 

病害虫

虫:キアゲハの幼虫、アカスジカメムシ

病気:特になし

 

フェンネルの育て方・栽培のポイント

直根性で株が大きく茂るので、庭植えにするときは深くまで耕し、60cm以上の間隔で植えます。根を切られることが嫌いなので、移植は避けます。丈が伸びてきたら、支柱をすると安心。株分けと種まきで殖やせます

株分け
株分け

株の上部を根の長さと同じぐらいに切りつめ、2~3個の芽がつくよう切り分け、植え付けます。

 

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.