植物の育て方How to Grow plants
ゴムノキ

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ゴムノキの育て方・栽培のポイント ]

ゴムノキ学名:Ficus elastica(インドゴムノキ)  /科名:クワ科 /別名:インドゴムノキ、フィカス・エラスティカ、フィカス‘デコラ’ /原産地:インド~マレーシア /分類:常緑高木 /耐寒性:弱 /耐暑性:中

特長

光沢があり厚みのある楕円形の葉が特徴的なゴムノキ。基本種は緑の単色ですが、黄緑色や白色の斑が入る品種などもあります。比較的に寒さにも強いので、日あたりの良い場所なら、年間を通じて元気に楽しむことができます。

 

置き場所

日あたりの良い場所、冬は屋内の日あたりの良い場所

 

水やり

春~秋は表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。冬はやや控えますが、暖房などで乾くようなら、こまめに霧吹きをし、湿度をあげましょう。

 

植え付け

水はけ、水もちの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などを使用します。または水はけの良い培養土に、元肥として『マグァンプK大粒』を混ぜ込みます。生育旺盛なので、小~中鉢なら毎年、大鉢なら2年に1回程度、ひとまわり大きな鉢に植えかえます。

 

培養土 プランター用
培養土 プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

 

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

肥料

春~秋の2カ月に1回ずつ、『プロミック観葉植物用』を与えるか、1週間に1回、『ハイポネックスストレート液肥観葉植物用』を施します。真夏、冬は生長が鈍るので肥料は施さなくて大丈夫です。

プロミック 観葉植物用
プロミック 観葉植物用

鉢土の上に置くだけで、葉の色を鮮やかに、丈夫に育てます。土に置くだけの肥料です。

 

ストレート観葉植物
ストレート観葉植物

簡単にお使いいただけるように、観葉植物が必要とするチッソ・リンサン・カリなどの各種栄養素を含む、すばやく効く清潔な、そのまま使える肥料です。

 

病害虫

虫:カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ アブラムシには、『ヒットゴール液剤AL』で防除するか、肥料と殺虫剤がひとつになった『ハイポネックス原液殺虫剤入り』がおすすめです。

病気:高温多湿期に灰色かび病、炭そ病

ヒットゴール液剤AL
ヒットゴール液剤AL

いろいろな花や樹木、観葉植物など幅広い範囲の植物のアブラムシ類、うどんこ病の防除に使うことができます。チャドクガ(ケムシ)、アオムシ、白さび病の防除にも。

 

殺虫剤撒き方
illust37

薬剤を使う際には必ず付属の説明書に従ってご使用ください。
スプレータイプは株から50センチほど離し、葉裏にもまんべんなく散布してください。
粒状タイプは株元にばらまいて下さい。

 

ハイポネックス原液殺虫剤入り
ハイポネックス原液殺虫剤入り

肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできる新提案!植物を健全に育てる液体肥料ハイポネックス原液と浸透移行性殺虫剤(ジノテフラン)が一つになりました。

 

ゴムノキの育て方・栽培のポイント

管理が手軽な観葉植物のひとつです。日なたを好みますが真夏の直射日光は避けましょう。冬期も10℃以上で管理すると美しい葉が保てます。挿し木やとり木で殖やします。挿し木をする場合、挿し床を乾燥させないよう注意します。枝葉が大きく伸びてきたら下葉が落ちてしまうので、先端を切り取り、側枝を伸ばしましょう。

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.