1. 植物の育て方
    2. カテゴリーから探す
    3. 草花
    4. ハツユキカズラの育て方
植物の育て方How to Grow plants
ハツユキカズラ

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ハツユキカズラの育て方・栽培のポイント ]

ハツユキカズラ学名:Trachelospermum asiaticum ‘Hatsuyukikazura’  /科名:キョウチクトウ科 /原産地:原種は、日本(本州・四国・九州)、朝鮮半島 /分類:つる植物 /耐寒性:中 /耐暑性:強

特長

テイカカズラの園芸品種で、葉は小さく新葉にはピンクと白の斑が入るハツユキカズラ。斑は生長につれ、ピンクから白、最終的には緑へと変化します。つるはコンパクトにまとまるので扱いやすく、寄せ植えなどにもおすすめです。

 

置き場所

日陰でも育つが、美しい斑入りを楽しむには日当たりの良い場所に。夏の直射日光と乾燥は、葉を痛めたり落葉したりするので注意。

 

水やり

鉢植えの場合は土が乾き始めたらたっぷりと水やりをします。真夏は、朝もしくは夕方に。

庭植えの場合は特別な水やりは不要です。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植え付け

水はけ、水もちの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などを使用します。または水はけの良い培養土に、元肥として『マグァンプK大粒』を混ぜ込み植えつけます。鉢植えの場合、春か秋に、ひとまわり大きな鉢に植え替えます。

培養土 プランター用
培養土 プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

 

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

肥料

元肥として『マグァンプK中粒』を土に混ぜておきます。追肥は鉢植えの場合、春と秋の生長期に『プロミックいろいろな植物用』を置肥するか、水で500倍に薄めた『ハイポネックス原液』を定期的に与えます。

マグァンプ中粒
マグァンプ中粒

いろいろな植物の植えつけ、植えかえ時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。

 

プロミック いろいろな植物用
プロミック いろいろな植物用

鉢の上に置くだけ!キレイな花を咲かせ、大きく育てます。土に置くだけの肥料です。

 

ハイポネックス原液

与えてすぐに効果が現れる速効性で、草花から野菜まで、いろいろな植物に使えます。植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランスよく配合しています。水でうすめる液体肥料です。

 

病害虫

害虫:アブラムシ、カイガラムシ

 

育て方・栽培のポイント

よく日に当てて育てると、美しい斑を楽しむことができます。挿し木やとり木で殖やせます。挿し木をする場合は、6~8月上旬に、枝の先端を5~10cm切って挿します。形が崩れてきたら適宜切り戻しをすると、新芽が出てくるので、きれいな斑が楽しめます。

花壇への植えつけ
花壇への植えつけ

鉢から抜いた苗の2倍ほどの大きさの穴を掘り、苗を植えつけます。
苗の根が詰まっている場合は根をほぐしてから植えつけます。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.