1. 植物の育て方
    2. カテゴリーから探す
    3. 草花
    4. クリスマスローズの育て方
植物の育て方How to Grow plants
クリスマスローズ

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[クリスマスローズの育て方・栽培のポイント ]

クリスマスローズ学名:Helleborus  /科名:キンポウゲ科 /別名:ヘレボルス /原産地:主に地中海沿岸から中部ヨーロッパ、西アジア /分類:多年草 /耐寒性:強 /耐暑性:弱

特長

うつむいて咲く姿が可憐で人気のクリスマスローズ。花色や一重や八重などの咲き方のバリエーションが豊富で多く、コレクターが多い植物です。冬咲きで常緑なので、冬の庭を明るく彩ってくれます。

 

置き場所

初夏から夏は明るい半日陰、秋から春は日当たりの良い所

 

水やり

鉢植えの場合は、表面が乾いたら株元にたっぷりと水やりをします。庭植えの場合は、特別な水やりは不要です。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植え付け

水はけの良い培養土などに、元肥として、『マグァンプK小粒』を混ぜ込みます。アブラムシ予防のための殺虫剤『HJブルースカイ粒剤』を混ぜ込み植えつけます。

マグァンプ小粒
マグァンプ小粒

株元にばらまくタイプの追肥。約2ヵ月間の効きめ。すでに植わっている植物の株元にばらまくだけで、肥料成分がゆっくり溶け、根にやさしく根張りをよくします。

 

ブルースカイ粒剤
ブルースカイ粒剤

土に混ぜ込むだけ!アブラムシやコナジラミの退治ができます。臭いが少なく使いやすい粒剤タイプの浸透移行性殺虫剤です。

 

肥料

庭植えの場合は10月に緩効性肥料の置肥『プロミック クリスマスローズ用』を。鉢植えの場合は、10~2月の間、2カ月に1回の割合で『マグァンプK小粒』などの緩効性肥料を与え、10~4月は1週間に1回液体肥料『ハイポネックス原液』をあたえます。春以降休眠期に、肥料分が残らないように気をつけましょう。

ハイポネックス原液

与えてすぐに効果が現れる速効性で、草花から野菜まで、いろいろな植物に使えます。植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランスよく配合しています。水でうすめる液体肥料です。

 

病害虫

害虫:春~秋にハモグリバエ、ハマキムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシ、アザミウマ、ハダニ。中でもアブラムシはモザイク病などを媒介するので注意。アブラムシ退治には、肥料と殺虫剤がひとつになった『ハイポネックス原液殺虫剤入り』がおすすめです。 

病気:過湿や蒸による灰色かび病、立枯病、べと病、軟腐病、黒斑細菌病、モザイク病、ブラックデスなど

ハイポネックス原液殺虫剤入り
ハイポネックス原液殺虫剤入り

肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできる新提案!植物を健全に育てる液体肥料ハイポネックス原液と浸透移行性殺虫剤(ジノテフラン)が一つになりました。

 

クリスマスローズの育て方・栽培のポイント

秋~早春が生育期で、春~夏が休眠期なので、株分けや植えつけ、施肥は生育期に行います。晩秋から根元によく日が当たるように、前年からある古い葉を切り取ります。花が咲いたら、早めに花がらと取り除いて。耐寒性は強いですが暑さに弱いので、夏は日陰になる場所で育てましょう。

花がらつみ
花がらつみ

花が咲き終わったら、花首から摘み取ります。

 

コンテナへの植えつけ
コンテナへの植えつけ

ひとまわり大きなコンテナを用意し、すき間が出ないように用土をすきこみます。
コンテナに植えるときは、上手にウォータースペースとして2センチほど確保しましょう。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.