植物の育て方How to Grow plants
イチジク

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[イチジクの育て方・栽培のポイント ]

イチジク学名:Ficus carica  /科名:クワ科 /原産地:小アジアまたはアラビア南部 /分類:落葉小高木 /耐寒性:やや弱 /耐暑性:強

特徴

食物繊維が豊富で、ビタミン類やさまざまなミネラルを多く含んでいるイチジク。寒さにあまり強くないので、暖地向けの果物です。初夏に実が収穫できる種と、晩か~秋に収穫できる種があります。

 

置き場所

日あたりの良い場所

 

水やり

鉢植えの場合は土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをします。庭植えの場合は夏に強い日照が続くのであれば、水やりをします。

 

植え付け

有機物を含んだ土質の場所に植えつけます。鉢植えの場合は水はけ水もちの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などの土を使って植えつけます。または水はけの良い培養土に、元肥として『マグァンプK大粒』を混ぜ込みます。植えつけや植えかえは4~6月が適期。鉢植えの植えかえは、2~3年に1回行います。

 

培養土 プランター用
培養土 プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

 

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

肥料

晩秋~年明けに『錠剤肥料シリーズかんきつ・果樹用』を施し、6~9月の間に3回ほど追肥します。

錠剤肥料シリーズ かんきつ・果樹用
錠剤肥料シリーズ かんきつ・果樹用

かんきつ・果樹に必要な肥料成分と、鉄などの微量要素を配合していますので、丈夫な株をつくり、味の良い果実がたくさん実ります。

病害虫

虫:カミキリムシ、センチュウ

病気:疫病やさび病

 

イチジクの育て方・栽培のポイント

過湿を嫌うので、ほど良い水はけと水持ちの良い場所を好みますが、生育期は水分蒸散量が旺盛なので、夏期の乾燥時の水切れに注意します。寒冷地では、冬期は屋内に取りこんで管理します。実つきを良くするためには、冬期の剪定作業が大切です。秋果種の場合はどこを切り詰めても大丈夫ですが、夏果種の場合は、切り詰めてしまうと着果しないので注意して行います。

イチジクの剪定
illust37

夏秋兼用種は冬の剪定に注意が必要。花芽がついた枝は剪定しない
翌春以降、のびた新梢に秋果がつく

 

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.