植物の育て方How to Grow plants
イチゴ

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[イチゴの育て方・栽培のポイント ]

イチゴ学名:Fragaria × ananassa /科名:バラ科 /別名: /原産地:オランダで、南アメリカ原産のチリ種と、北アメリカ原産のバージニア種を交配して生まれたもの /分類:多年草 /耐寒性:強/耐暑性:弱

特長

毎年春にかわいらしい花をとつややかな赤い実をつけるイチゴ。生育適温が17~20℃と冷涼な気候を好み、夏の暑さにはやや弱いものの、寒さには強く、雪の下でも十分冬越しします。

 

置き場所

風通しの良い日なた

 

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと根元に水を与えます。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植えつけ

『ハイポネックス野菜の培養土』または、水はけの良い培養土に、元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を混ぜ込み植えつけます。

野菜の培養土
野菜の培養土

おいしい野菜を大きく育てます。トマト・キュウリ等の背の高い野菜が風で倒れにくい少し重たい培養土です。

 

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

元肥
元肥

植えつけ前に用土に均一に混ぜ込みます。元肥は植物が健全に生育するうえでとても大切です。

 

肥料

追肥は『いろいろな野菜用粒状肥料』 を与え、果実が大きくなる時期に週に1回の『いろいろな野菜用液体肥料』を与えるのがおすすめです。

いろいろな野菜用液体肥料
いろいろな野菜

ミネラルたっぷりのおいしい野菜が作れます。たっぷり使える液体タイプ。水で薄めて1週間に1回与えてください。

 

病害虫

害虫:アブラムシ、ナメクジ、ハダニ

病気:うどんこ病、炭そ病、風通しが悪いことによる灰色かび病

 

イチゴの育て方・栽培のポイント

植えつけ後の1~2月で寒冷期に入るので、生育が止まり休眠期間に入ります。

春先に花を咲かせて赤い実をつけます。乾燥に弱いので水やりに注意が必要です。

収穫が落ち着いたら、ランナーの先に子株をつけるので、新しい苗に更新をはかると良いでしょう。

 

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.