植物の育て方How to Grow plants
カラテア

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[カラテアの育て方・栽培のポイント ]

カラテア学名:Calathea  /科名:クズウコン科 /別名:ゴシキヤバネショウ、ヤバネシワヒメバショウ /原産地:熱帯アメリカ /分類:多年草 /耐寒性:弱 /耐暑性:強

特長

個性的な葉模様がエキゾチックな雰囲気を醸すカラテア。一株置くだけでシーンを印象的に演出してくれます。花が楽しめる品種もあります。水が好きなので、乾燥に気をつけましょう。

 

置き場所

晩秋~春は屋内の明るい半日陰、初夏から秋は屋外の明るい半日陰

 

水やり

水が好きなので、春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、霧吹きで葉水をして湿度を与えます。冬ややや控えめにします。

 

植え付け

水はけ、水もちの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などを使用します。または水はけの良い培養土に、元肥として『マグァンプK大粒』を混ぜ込みます。2年に1回を目安に、湿度のある6~7月の間、ひとまわり大きな鉢に植えかえます。

 

培養土 プランター用
培養土 プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

 

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

肥料

春~秋は『ハイポネックスストレート液肥観葉植物用』を1週間に1回を目安に与えます。又は『プロミック観葉植物用』を2カ月に1回、置肥をします。真夏、冬は生長が鈍るので肥料は施さなくて大丈夫です。

プロミック 観葉植物用
プロミック 観葉植物用

鉢土の上に置くだけで、葉の色を鮮やかに、丈夫に育てます。土に置くだけの肥料です。

 

ストレート観葉植物
ストレート観葉植物

簡単にお使いいただけるように、観葉植物が必要とするチッソ・リンサン・カリなどの各種栄養素を含む、すばやく効く清潔な、そのまま使える肥料です。

 

病害虫

虫:カイガラムシ、ハダニ

病気:春~秋に黒斑病、斑点病

 

カラテアの育て方・栽培のポイント

強い直射日光を嫌うので明るい日陰で育てましょう。寒さにも弱いので、秋は屋内に取り込み、レースのカーテン越しの光で、なるべく12℃以上を保つようにします。エアコンの近くは乾燥しすぎるので、冬場は毎日霧吹きで葉水をかけます。鉢穴から根が出てきたら、植えかえ時に株分けをしましょう。

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

 

カラテアの整姿
illust36

枯れた葉や腐った根などを整理しながら切りとる
新しい水苔等の培養土を用意し、植える

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.