1. 植物の育て方
    2. カテゴリーから探す
    3. 野菜
    4. 茎ブロッコリーの育て方
植物の育て方How to Grow plants
茎ブロッコリー

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[茎ブロッコリーの育て方・栽培のポイント ]

茎ブロッコリー学名: Brassica oleracea var. italica  /科名:アブラナ科 /原産地:地中海沿岸東部 /分類:一年草

特徴

長く伸びる花茎が特徴の茎ブロッコリー。ブロッコリーに比べ、耐暑性に優れ、夏に収穫します。虫がつきやすいので、害虫が発生する時期は不織布などで防除すると良いでしょう。病気予防や健康維持に効果的なスルフォラファンが豊富に含まれています。

 

植えつけ

burokko1

本葉5~6枚のしっかりした苗を選ぶ。菜園では用土に、プランターでは野菜の培養土に元肥としていろいろな野菜用粒状肥料または野菜専用肥料を混ぜ込む。菜園では、株間40cmくらいあけて植えつけ、たっぷりと水やりする。

 

野菜の培養土
野菜の培養土

おいしい野菜を大きく育てます。トマト・キュウリ等の背の高い野菜が風で倒れにくい少し重たい培養土です。

 

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

野菜の有機肥料
野菜の有機肥料

土壌中の有用微生物を活性化する天然有機物由来の有機肥料です。豊富なアミノ酸やミネラル、糖質が土壌を活性化し、健康な根の生育を促します。

 

土寄せと追肥

土寄せをし、野菜の錠剤肥料を1カ月に1回与える。さらにいろいろな野菜用液体肥料を1週間に1回与える。

野菜の錠剤肥料
野菜の錠剤肥料

いろいろな野菜に適した土の上に置くだけの、有機入り・カルシウム配合の錠剤肥料です。早く効く肥料成分と、ゆっくり効く有機質を配合しているので安定した効果が約1~2ヵ月持続します。

 

いろいろな野菜用液体肥料
いろいろな野菜

ミネラルたっぷりのおいしい野菜が作れます。たっぷり使える液体タイプ。水で薄めて1週間に1回与えてください。

 

摘芯と追肥

burokko2

中心の枝にできる頂花蕾の直径が5cmほどになったら、摘心を兼ねて収穫。その後、わき芽が次々とのび側花蕾に育つので、いろいろな野菜用液体肥料を1週間に1回与える、またはいろいろな野菜用肥料アンプルを土にさし込んでおく。

 

 

野菜のアンプル
野菜のアンプル

簡単で便利な使いやすいアンプルタイプの野菜専用肥料です。野菜の生育に不可欠なチッソ、リンサン、カリとカルシウムをバランスよく配合しています。

 

側花蕾の収穫

側花蕾がのび始め10円玉大になったら、茎を20cmほどつけて収穫する。1株で10~15本、長く収穫が楽しめる。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.