植物の育て方How to Grow plants
ナス

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ナスの育て方・栽培のポイント ]

ナス学名:Solanum melongena /科名:ナス科 /別名: /原産地:インド(推定) /分類:一年草 /耐寒性:弱/耐暑性:強

特長

高温多湿に強く、収穫期間も長いので初心者でも比較的育てやすいナス。紫色の皮にはポリフェノールがたくさん含まれています。「水で育てる」といわれるぐらい水が好きなので、乾燥に注意してください。

 

置き場所

日当たり、水はけ、風通しの良い所

 

水やり

土の表面が乾いたら、茎や葉に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをします。やや乾かしぎみに管理します。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植えつけ

『ハイポネックス野菜の培養土』や水はけの良い土に、元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』とアブラムシ予防に『HJブルースカイ粒剤』を混ぜ込みます。根鉢を崩さず浅めに植えつけたら支柱を添えます。

ブルースカイ粒剤
ブルースカイ粒剤

土に混ぜ込むだけ!アブラムシやコナジラミの退治ができます。臭いが少なく使いやすい粒剤タイプの浸透移行性殺虫剤です。

 

元肥
元肥

植えつけ前に用土に均一に混ぜ込みます。元肥は植物が健全に生育するうえでとても大切です。

 

肥料

植えつけ3週間後から、追肥として1カ月に1回、『いろいろな野菜用粒状肥料』を与えます。

また、『いろいろな野菜用液体肥料』を1週間に一回与えると実つきが良くなります。

いろいろな野菜用液体肥料
いろいろな野菜

ミネラルたっぷりのおいしい野菜が作れます。たっぷり使える液体タイプ。水で薄めて1週間に1回与えてください。

 

病害虫

害虫:新芽につきやすいアブラムシ、高温乾燥するとハダニ類

病気:うどんこ病

アブラムシ退治には、殺虫剤『アントム顆粒水溶剤』を水に溶かして散布するとアブラムシ防除に効果的です。

アントム顆粒水溶剤
アントム

野菜類、果樹、花き類など広い範囲のアブラムシ、コナジラミ、アザミウマ、カメムシ、ケムシなどに使用できます。浸透移行性殺虫剤です。

 

ナスの育て方・栽培のポイント

1番花がついたら、その下に出た脇芽を2つ残して摘み取り、3本仕立てにします。乾燥に弱いので土の上にワラを敷くなどして保湿をしましょう。 

葉裏にも水やりを行うことで害虫対策にもなります。

 

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.