植物の育て方How to Grow plants
ニンジン

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ニンジンの育て方・栽培のポイント ]

ニンジン学名:Daucus carota subsp. sativus /科名:セリ科 /別名: /原産地:中央アジア、アフガニスタンの山麓  /分類: /耐寒性:やや強/耐暑性:やや弱

特長

栄養価が高く、なかでもβカロテンを多く含んでいるニンジン。最近ではミニニンジンなどの種子も出回り、プランターでも栽培できるようになりました。

発芽さえ成功すれば、さほど栽培は難しくありません。

 

置き場所

日当たりと水はけの良い場所

 

水やり

発芽するまでは土を乾燥させないようこまめに水やりをします。芽がでてしまえば、土が乾いたらでで大丈夫です。

 

植えつけ

『ハイポネックス野菜の培養土』、または、水はけの良い培養土に、元肥として『いろいろな野菜用粒状肥料』を混ぜ込み、種子をまいたら軽く覆土をします。

野菜の培養土
野菜の培養土

おいしい野菜を大きく育てます。トマト・キュウリ等の背の高い野菜が風で倒れにくい少し重たい培養土です。

 

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

肥料

本葉が1~2枚出てきたら、株間3cmになるように1回目の間引きを行い、追肥し土寄せを行います。

本葉が3~4回になったら、株間5~6cmになるように2回目の間引きを行い、追肥し土寄せを行います。

間引きの際の追肥には、『いろいろな野菜用粒状肥料』を施します。 

また、1週間に1回『いろいろな野菜用液体肥料』与えると効果的です。

いろいろな野菜用液体肥料
いろいろな野菜

ミネラルたっぷりのおいしい野菜が作れます。たっぷり使える液体タイプ。水で薄めて1週間に1回与えてください。

 

病害虫

害虫:アブラムシ、ネコブセンチョウ

病気:うどんこ病、葉の枯れによる黒葉枯病。

 

ニンジンの育て方・栽培のポイント

種子をまいたら、土が乾燥しないように注意しながら水を与えます。発芽したら、数回に分けて間引き軽く土寄せし、ニンジンが育つスペースを確保します。

プランターの場合には、ミニニンジンもおすすめです。

 

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.