1. 植物の育て方
    2. 植物名から探す
    3. ら行
    4. リーガース・ベゴニアの育て方
植物の育て方How to Grow plants
リーガース・ベゴニア

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[リーガース・ベゴニアの育て方・栽培のポイント ]

リーガース・ベゴニア学名:Riegers begonia  /科名:シュウカイドウ科 /別名:エラチオール・ベゴニア /原産地:南米 /分類:多年草 /耐寒性:弱 /耐暑性:弱

特長

華やかな花が印象的なリーガース・ベゴニアはベゴニア・ソコトラナと球根ベゴニアを交配して生まれた品種。赤やオレンジ、ピンク、黄、白などのあざやかな花色が魅力。暑さ、寒さどちらにも弱く、生育適温は20度前後。

 

置き場所

日当たりの良い室内のレースのカーテン越しの所、夏は風通しの良い戸外の日陰

 

水やり

鉢植えの場合、午前中に表面が乾いたら、花に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをします。その際、葉にかからないようにしましょう。底面給水鉢の場合は、常に水をためた受け皿を用意します。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植え付け

水はけの良い『ハイポネックス鉢・プランター用培養土』などに、アブラムシ予防のための殺虫剤『HJブルースカイ粒剤』を混ぜ込み植えつけます。4~6月、9~10月が植えかえの適期です。植えかえるときの用土には『マグァンプK中粒』などの緩効性肥料を混ぜます。

 

肥料

1週間に1回、『ハイポネックス原液』を与えます。冬でも気温が高い場合には施肥しますが、低温の場合は与えません。7月~9月中旬の高温期は、施肥は控えます。『キュート シクラメン・ベゴニア用』などの専用肥料がおすすめです。

ハイポネックス原液

与えてすぐに効果が現れる速効性で、草花から野菜まで、いろいろな植物に使えます。植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランスよく配合しています。水でうすめる液体肥料です。

 

病害虫

害虫:春~初夏はアブラムシ アブラムシ退治には、肥料と殺虫剤がひとつになった『ハイポネックス原液殺虫剤入り』がおすすめです。 

病気:夏に斑点細菌病、春と秋にうどんこ病、湿度が高い時期と冬の低温時期に灰色かび病が発生。アブラムシ、うどんこ病には、どちらにも効果を発揮する『ヒットゴール液剤AL液剤AL』がおすすめです。

 

リーガース・ベゴニアの育て方・栽培のポイント

春から初夏は、強い日差しに当たると葉焼けすることもあるので、カーテン越しの日光を当てるなどの工夫が必要です。湿度が高いと腐ってしまうので、乾燥ぎみに育てましょう。傷んだ花を放置しておくと病気になることがあるので、花がら摘みを欠かさず行います。春(4~5月頃)、株元より3~4節残して芽が出る節のすぐ上を切り戻しましょう。さし芽で殖やすことができます。

花がらつみ
花がらつみ

花が咲き終わったら、花首から摘み取ります。

 

切戻し
切戻し

花つきの悪いときや、茎だけが伸びたときは、3分の1程度を残し、切り戻しましょう。

 

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.