1. 植物の育て方
    2. カテゴリーから探す
    3. 草花
    4. セントポーリアの育て方
植物の育て方How to Grow plants
セントポーリア

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[セントポーリアの育て方・栽培のポイント ]

セントポーリア学名:Saintpaulia  /科名:イワタバコ科 /別名:アフリカスミレ /原産地:熱帯アフリカ東部の山岳地帯 /分類:多年草 /耐寒性:弱 /耐暑性:弱

特長

花の形や色、葉形など多様な品種が揃い、愛好家が多いセントポーリア。夏は涼しい北側の窓辺で、冬は温度が10℃以下にならないよう気をつけるのがポイント。専用灯を使って、室内で栽培できるのも大きな魅力です。

 

置き場所

日当たりの良い室内のレースのカーテン越しの所、専用灯での管理も可能

 

水やり

春と秋は表面が乾いたら、花に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをします。夏は乾かしぎみに。冬は加温の場合は春秋と同じですが、10℃以下の場合は乾かしぎみにしましょう。葉には冷たい水はかけないようにします。

水やり
水やり

コンテナの場合は、鉢底から流れ出すように、たっぷりと与えます。花びらに水がかからないよう株元に与えます。生長期は水やりの際、液体肥料を混ぜると手軽に追肥できます。

※午前中に水やりを行うようにしましょう!

 

植え付け

毎年、6月頃、植えかえを行いましょう。水はけ、水もちが良い有機物を含んだ土がおすすめです。

 

肥料

9~5月(真夏と真冬を除く)まで『ハイポネックス原液』を与えます。10~11月は緩効性肥料の置肥『プロミック 草花・鉢花用』を。『キュート セントポーリア・プリムラ用』『ハイグレードセントポーリア』などの専用肥料もおすすめです。肥料を与え過ぎると花つきが悪くなることもあるので注意しましょう。

ハイポネックス原液

与えてすぐに効果が現れる速効性で、草花から野菜まで、いろいろな植物に使えます。植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランスよく配合しています。水でうすめる液体肥料です。

 

病害虫

害虫:風通しが悪いとアブラムシ、 アブラムシ退治には、肥料と殺虫剤がひとつになった『ハイポネックス原液殺虫剤入り』がおすすめです。 高温乾燥時期が続くとホコリダニの被害にあう可能性があります。病気:11月~7月に灰色かび病が花がらに発生。

ハイポネックス原液殺虫剤入り
ハイポネックス原液殺虫剤入り

肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできる新提案!植物を健全に育てる液体肥料ハイポネックス原液と浸透移行性殺虫剤(ジノテフラン)が一つになりました。

 

セントポーリアの育て方・栽培のポイント

切り取った茎はさし芽として利用でき、葉ざしでも殖やせます。株の上に枯れた花や葉が落ちたままにしておくと傷んで病気の原因にもなるので、こまめに取り除きます。

花がらつみ
花がらつみ

花が咲き終わったら、花首から摘み取ります。

 

植え替え
illust37

鉢底から根が出てきたら、ひとまわり大きな鉢に植えかえます。
植えこむ用土と根鉢の間にすき間がでないように注意しましょう。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.