1. 植物の育て方
    2. 植物名から探す
    3. さ行
    4. シュンギクの育て方
植物の育て方How to Grow plants
シュンギク

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[シュンギクの育て方・栽培のポイント ]

シュンギク学名:Glebionis coronaria  /科名:キク科 /別名:菊菜(きくな) /原産地:地中海沿岸 /分類:一年草または二年草

特徴

鍋の季節に欠かせないシュンギクはアジアでは食用として、ヨーロッパでは観賞用として栽培されています。越冬した株から咲く花は「春の菊」とも呼ばれるほどの美しさです。カロテンが多く含まれ、ビタミンCやカルシウムなども豊富です。

 

種まき

菜園では用土に、プランターでは培養土に元肥として、いろいろな野菜用粒状肥料、または野菜専用肥料を混ぜ込む。条間(列と列の間)が10~15cmのまき溝をつくり、1cm間隔で種をまく。シュンギクの種は発芽に光を必要とするので、土は軽くかけ、たっぷりと水やりをする。

いろいろな野菜粒状肥料
いろいろな野菜

いろいろな野菜に使える有機入り肥料。使いやすい粒状タイプ。「混ぜ込み」も「ばらまき」も簡単にできます。

 

間引き

shungiku

1週間ほどで発芽するので、間引きをスタート。1回目は本葉1~2枚で株間2~3cmに。2回目は本葉3~4枚で5~6㎝に。3回目は草丈が8~10㎝程度で株間を10~15㎝間隔にする。間引いたものも食べられるので利用しよう。

 

 

追肥と土寄せ

2回目の間引き以降、いろいろな野菜用液体肥料を1週間に1回、水に薄めて収穫が終わるまで与える。間引きのあとは中央に溝をつくるように土を盛り上げ、左右から株元に土寄せする。

いろいろな野菜用液体肥料
いろいろな野菜

ミネラルたっぷりのおいしい野菜が作れます。たっぷり使える液体タイプ。水で薄めて1週間に1回与えてください。

 

収穫

草丈が20cm程度に育ったら収穫(種まきから30~40日後が目安)。株ごと引き抜く、または、株元を残して中心の若芽をつみ取ると、次々にわき芽がのびてきて、長く収穫が楽しめる。

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.