1. 植物の育て方
    2. カテゴリーから探す
    3. 果樹
    4. ブルーベリーの育て方
植物の育て方How to Grow plants
ブルーベリー

栽培カレンダー

栽培カレンダー

[ブルーベリーの育て方・栽培のポイント ]

ブルーベリー学名:Vaccinium /科名:ツツジ科 /別名:ヌマスノキ /原産地:北アメリカ /分類:落葉低木 /耐寒性:強(ハイブッシュ系)・弱(ラビットアイ系)/耐暑性:中(ハイブッシュ系)・強(ラビットアイ系)

特長

小さなスペースでも育てられる果樹で、どんな庭にも馴染みやすいのが特長です。

春は小さな花、夏に甘酸っぱい果実、秋は紅葉と、1年中楽しめるのも大きな魅力です。

自家不和合性で、同種類の異品種を植えてやると相互で受粉し、収穫量も上がります。

 

置き場所

日当たりと水はけ、風通しの良い場所(夏の強い西日は避ける)

 

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと根元に水を与えます。

 

植えつけ

11~12月(温暖地)、2月中旬~3月中旬(寒冷地)が植えつけ時期です。

酸性に調整されたブルーべり専用土を使用し、元肥として「マグァンプK大粒」を混ぜ込みます。

マグァンプ大粒
マグァンプ大粒

植えつけ、植えかえ時、土に混ぜ込むだけの元肥(約2年間の効き目)。土に混ぜ込む緩効性肥料です。

 

元肥
元肥

植えつけ前に用土に均一に混ぜ込みます。元肥は植物が健全に生育するうえでとても大切です。

 

肥料

3月に5月と9月に追肥として『錠剤肥料シリーズ ブルベリー用』を置肥します。

錠剤肥料ブルーベリー
錠剤肥料ブルーベリー

ブルーベリーの生育に必要な肥料成分と、鉄などの微量要素を配合しています。

 

追肥
追肥

土の上に置く錠剤タイプや、ばらまいて与える粒状タイプの肥料を使えば手軽に追肥できます。
水やりのたびに少しずつ溶け、緩やかに効果が持続します。

 

5~8月に葉の色が薄くなったら、『植物用活力液リキダス』を株元に与えるか、霧吹きを用いて、1週間に1回、葉に散布します。

リキダス
リキダス

植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した植物用活力液です。

 

病害虫

害虫:コガネムシの幼虫、カイガラムシ

 

ブルーベリーの育て方・栽培のポイント

コンテナの場合は、根詰まりをしないように気をつけます。同じタイプの異なる2品種を一緒に育てると実が楽しめます。

実つきが悪い場合は、綿棒や筆などで人工授粉をします。

収穫した枝は3年ほどすると枝が古くなり、実つきが悪くなるので、冬に地際近くの元気な新梢を残しながら剪定し、新しい枝に更新しましょう。                        

栽培カレンダー

栽培カレンダー
一覧に戻る


オンラインショップ

電話、FAXでのお買い求めは
こちらから

FAX、お電話など様々な方法にてご注文を承ります。お気軽のご注文ください。

ハイポネックスプロショップ

ハイポネックスガーデンショップは
こちらから

家庭園芸用肥料・薬品・培養土、バラ苗をインターネットで販売しています。

Hyponex

Copyright©2000-2017 HYPONeX JAPAN CORP.,LTD. All rights reserved.