Plantiaトップ 調べる 季節から調べる 3月~4月にするべきバラの手入れと新苗の植えつけ方

季節から調べるSEARCH

3月~4月にするべきバラの手入れと新苗の植えつけ方

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

3月から4月にかけて、バラの枝先では芽が膨らみ始め、開花時期を今か今かと待っています。そんな時期だからこそ、春のお手入れが今年のバラの良し悪しを決めると言っても過言ではありません。

来たる春に向けて、この時期に行うべきバラの芽かきや病害虫の予防法などについておさらいしておきましょう。
あわせて、春になったら行いたいバラの管理についてもご紹介します。

春になったら、新芽の芽かきを行いましょう

 3月前後になって気温とともに日差しにも暖かさが増してくると、バラは一斉に新芽を出し始めます。
しかし、1本の枝に複数の芽が出てきてしまうと、株にとって負担がかかり、生長しても花がつかなくなることがあります。

複数の新芽が出ているものがあれば、不要な芽を取り除く「芽かき」をしましょう。
特に大輪の花をつけるタイプの品種の場合には、しっかりと芽かきをすることが大切です。

反対に、花がつきやすいミニチュア系の品種は、花がつきやすいので無理に芽かきをしなくても構いません。

アブラムシの予防対策を徹底しましょう

暖かくなってくると、植物だけでなく害虫の活動も活発化します。
特に、新芽が吹き始める3月下旬ぐらいになると発生してくるアブラムシは、バラの天敵。
アブラムシが発生する前に、予防のために殺虫剤を散布しておきましょう。

アブラムシの予防には、土に混ぜ込んだり株元にばらまいたりするだけで殺虫効果が長持ちする「HJブルースカイ粒剤」がおすすめです。

 アブラムシが発生している場合は「ハイポネックス原液殺虫剤入り」を希釈して散布することで芽だし肥とアブラムシ退治の2つの効果を同時に行うことができます。

うどんこ病の予防対策を徹底しましょう

4月から5月にかけて注意したいのは、うどんこ病です。
日中と夜間の気温差が大きい季節に生じやすい病気なので、春になるとこの被害がよく見られるようになります。

うどんこ病にかかると、葉全体が波打ち、白い粉をまぶしたような状態に。
症状がひどくなると、ツボミまで真っ白になってしまったり、株全体に被害が及んでしまったりすることもあります。

 

うどんこ病の予防と治療には、専用薬「フローラガードAL」を散布しましょう。
逆さでも使えるスプレー型で葉の裏側にもまんべんなく噴霧することができ、うどんこ病の予防はもちろん発病後の治療効果もあります。

新苗の植えつけ作業をするなら、春シーズンがベスト!

4月中旬~6月上旬は、新苗(春苗)を植え付けるにも最適な季節。たくさんの品種が出回り、価格もお手頃です。

また、花が咲いている状態の苗もあるので、実際の花姿を見て選びたいという人にもおすすめ。
もっとバラを増やしたい・新たな品種を育てたいという人は、この時期にぜひ新苗の植え付けを行いましょう。

 

・植えつけのポイント

新苗を植えつける際は、古い土は使わず清潔な新しい土を使用しましょう。

生育期間の長いバラには元肥が重要です。元肥として「マグァンプK大粒」を土に混ぜ込みます。

またバラの生育に適した配合の「バラ専用培養土」を使用すると便利です。

 

冬の大苗や植え替え時は、休眠期ですので根鉢を崩して植えつけますが、新苗(春苗)の時期は生育期です。

ですから根鉢は崩さずに鉢増しするようにそのまま植えつけましょう。

 

春に出回る新苗は、接ぎ木からあまり時間が経っていませんので、丁寧に扱ってください。
特に、切り接ぎでつくった新苗の場合、継いでからまだ3ヶ月程度しか経っていないこともあるため、接ぎ口を守りながら慎重に管理・手入れする必要があります。

また、新苗は枝が細く折れやすいので、植えつけ時には支柱で固定してあげると安心です。

 

鉢植えで育てる場合には、一株につき6~7号程度の鉢に植えつけ、生長に合わせて大きな鉢に植え換えを。
最初から大きな鉢に植えるのはNG。鉢内の水分によって根腐れしやすくなります。

植えつけ後は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりを行ってください。
乾燥させすぎると、株が枯れたり弱ったりするおそれがあります。

地植えの場合には、適当な大きさの穴を掘ってそこにポットから取り出した苗を入れましょう。
このとき、接ぎ口がまわりの土より少し上になるように置いてください。
植えつけ後の水やりは基本的に必要ありません。

この記事で紹介された植物について

バラ

学名:Rosa /科名:バラ科 /別名: /原産地:アジア、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、アフリカの一部 /分類:落葉(ツル性)低木 /耐寒性:中~強/耐暑性:中~強

気品あふれるその華やかな姿から、花の女王とも呼ばれるバラ。

詳細を見る

この記事に関連する商品について

ネクスコート バラ用

1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけの新製品!すべての成分を1粒に配合。むらなく均一に撒ける。

詳細を見る

フローラガードAL

バラの黒星病、うどんこ病の専用薬として、予防効果だけではなく治療効果も兼ね備え、発病後の散布でも防除が可能です。

詳細を見る

HJブルースカイ粒剤300g

バラのアブラムシに。予防+駆除のダブル効果!新しいタイプのクロロニコチニル系の薬剤で、作用機構も有機リン剤、カーバメート剤、合成ピレスロイド剤などとは異なりますので、これらの剤に抵抗性を持った害虫に対しても優れた効果を示します。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

3月から4月にかけて、バラの枝先では芽が膨らみ始め、開花時期を今か今かと待っています。そんな時期だからこそ、春のお手入れが今年のバラの良し...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future