Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる 全体がトゲトゲしている『ハミリス』

植物の種類から調べるSEARCH

全体がトゲトゲしている『ハミリス』

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ユリ科・アロエ属の『ハミリス』は誰もが知っているアロエの仲間で、アロエよりもさらにトゲトゲしており、葉肉が細めなのが特徴です。

耐暑性・耐寒性・乾燥に強くほったらかしにしても大丈夫な植物です。水やりを忘れがちな方でも安心して育てられます。細身でスタイリッシュな見た目が男前インテリアにもぴったりです。和名は「帝王錦」と言い、ハミリスよりも帝王錦の方がよく知られている呼び方です。

今回は、アロエ属の中から『ハミリス』をご紹介します。

乾燥に強く、湿気に弱い

アロエ属ですので乾燥にとても強いです。春〜秋は水やりは2週間に1回程度、冬は月に1回程度与えましょう。

湿気には弱いため、過湿には注意しましょう。梅雨の時期はなるべく室内に入れて、風通しの良いところに置いてあげましょう。

日当たり具合で色が変わる

『ハミリス』は年中明るいところを好みますが、日当たり加減により色が変化します。たくさん日に浴びせるとオレンジ色に紅葉し、半日陰や明るい室内に置いておくと変わらず綺麗な緑色を保ちます。

自分好みの色に変えるのも育て甲斐がありますね。日光不足になると徒長するので気をつけましょう。

鮮やかなオレンジ色の花

春先になると株元から花芽を伸ばし、鮮やかなオレンジ色や黄色で釣鐘状の花を咲かせます。花も細くてスタイリッシュです。成長すると株脇から子株が出てきます。株分けや挿し木でも増やすことができます。

1483426344370_tmp Photo by+DJMINIYONさん@GreenSnap

GreenSnapで沢山のハミリスの写真を見ることが出来ます。

スタイリッシュなハミリスが沢山です!

この記事で紹介された植物について

フミリス

学名:Aloe humilis 科・属名 ユリ科・アロエ属 原産地:南アフリカ

この記事に関連する商品について

キュートサボテン・多肉植物

サボテン・多肉植物を色鮮やかに美しく育てます。うすめずそのまま株元へひと押しするだけの植物活力剤です。
サボテンや多肉植物の花つきを良くし、色鮮やかに美しく育てます。

詳細を見る

錠剤肥料 観葉植物用

インテリアグリーンに最適!かわいいハート型の肥料。
早く効く成分とゆっくり効く成分配合により、安定した肥料効果が約1ヵ月間持続します。
葉の色を鮮やかにし、丈夫に育てます。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ユリ科・アロエ属の『ハミリス』は誰もが知っているアロエの仲間で、アロエよりもさらにトゲトゲしており、葉肉が細めなのが特徴です。 耐暑性・耐...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future