Plantiaトップ 学ぶ 【サルビアの育て方】基本のお手入れやおすすめ品種、増やし方は?

学ぶSTUDY

【サルビアの育て方】基本のお手入れやおすすめ品種、増やし方は?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

シソ科のサルビアは、園芸初心者にもおすすめの育てやすい植物です。花を長く楽しむために、適切な栽培環境を把握し、性質に合ったお手入れをしましょう。今回は、サルビアの特徴や主な品種、基本的な育て方、増やし方などをご紹介します。

☘100:サルビアの育て方|花を上手に咲かせるには?植えつけやや水やり、日々の管理もご紹介

 

 

サルビアの特徴やおすすめ品種

サルビアは、南米をはじめとする世界各地が原産の花です。品種によるものの、6月から11月までの長期にわたって花を咲かせます。

草丈が低い矮性の品種もあれば、1mを超える低木に育つものもあります。花色は、赤や白、ピンク、青、紫、複色などです。

 

一年性サルビアと宿根性サルビア

本来は多年草ですが、日本の気候では一年草扱いとなります。ただ、暖地の場合は、寒さ対策をしっかりと行えば冬越しできるケースがあります。

また、サルビアのなかには、耐寒性が強く宿根草として栽培できる品種も存在します。特に有名なのはサルビア・オフィシナリス(コモンセージ)です。ハーブとしても利用されています。

6-2

 

サルビアの品種

こちらでは、一年草タイプの主な種類をご紹介します。お好きな品種を探して栽培してみましょう。

 

サルビア・スプレンデンス

サルビアと聞くと、赤色の花をイメージする方が多いのではないでしょうか。よく見られる赤いサルビアは、サルビア・スプレンデンスという品種です。はっきりとした赤い色の花が穂のようにつき、下からどんどん咲いていきます。園芸品種も豊富で、赤色以外にもさまざまなカラーの花があります。長い萼(がく)がつくのも特徴のひとつです。

 

サルビア・ファリナセア(ブルーサルビア、ブルーセージ)

ラベンダーのような青紫の花が咲くサルビア・ファリナセア。サルビア・スプレンデンスよりもすらりとした姿が特徴です。

また、サルビア・ファリナセアには白い花をつける種類もあります。青い花を咲かせる品種と一緒に植えてみると、爽やかなガーデンを演出できそうです。

 

サルビア・コクシネア(トロピカルセージ)

サルビア・コクシネアは、ベニバナサルビアとも呼ばれる品種です。名前の通り、赤色の花を咲かせます。白やピンクなどの淡い色の花をつけるものもあるため、可愛らしい雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

 

 

サルビアの基本的な育て方

サルビアは種からでも苗からでも育てられます。暖かくなってきたら栽培を開始しましょう。こちらでは、サルビアの基本的な育て方を解説します。

 

土づくり

サルビアは水はけの良さと保水性を兼ね備えた土を好みます。自分で配合する場合は、赤玉土と腐葉土を6:4で混ぜたものをベースにします。市販されている草花用の培養土を使うと手軽です。

 

種まき、育苗

サルビアは種からでも育てやすい花です。花壇や鉢へ直接植えても良いですが、ある程度の大きさまで育苗してから植え替える方法もあります。

種まきの適期は5月頃です。発芽適温は20℃程度となります。早めに種まきする場合、夜間の気温が低下する可能性があるため、新聞紙やビニールなどで覆って保温すると良いでしょう。

好光性のため、種をまくときは土をかぶせすぎないように気をつけましょう。土は薄くかぶせ、水をたくさん与えます。1週間程度で発芽しますが、それまでの間は土が乾ききってしまわないように管理しましょう。発芽したら、よく日に当てながら育てていきます。必要に応じて間引きましょう。本葉が2枚~4枚つく頃には、ひとつのポットにつき一株になるよう調整します。

 

植えつけ

ポットに根がまわり、底から根が見えるようになったら植えつけ可能です。根鉢よりも一回り大きな穴を掘り、苗を入れて優しく土をかぶせましょう。複数株を植える場合は、株間を25cm~30cmとります。深植えは避け、苗の根元に土を盛りすぎないように注意しましょう。

 

日当たり

サルビアは日当たりの良い場所で育てることが大切です。ただし、真夏に強い直射日光が当たると弱ってしまうことがあります。西日が当たる場所は避けて植えると良いでしょう。

 

水やり

サルビアは開花期間が長く、花を咲かせるためにエネルギーを使います。水が不足すると花つきが悪くなるほか、下葉が枯れ落ちてしまうことがあります。水切れしないよう、土が乾き始めたタイミングで、たくさん水をあげるようにしましょう。

 

肥料

サルビアは、肥料を定期的に与えることで旺盛に花を咲かせてくれます。肥料切れになると生育停滞し、開花しなくなることもあるため気をつけましょう。

元肥として緩効性肥料をマグァンプK中粒を土に混ぜ込みます。 植えつけ2週間後より追肥を行います。

追肥には、まくだけで約2~3か月間肥料効果が持続する

プランティア花と野菜と果実の肥料」をがおすすめです。

また速効性の液体肥料「ハイポネックス原液」は、1週間から10日に1回500倍に希釈してあたえます。

真夏は株が弱りやすく、生育も滞るため、施肥はストップしましょう。

 

 

サルビアをお手入れするポイント

サルビアの花を長く楽しむためには、以下のようなポイントに気をつけて管理することがおすすめです。こちらでは、サルビアをお手入れするコツをご紹介します。

 

アブラムシ対策

サルビア栽培で気をつけたい病害虫のひとつがアブラムシです。特に、春と秋には発生する機会が多くなります。アブラムシのついた株は、汁を吸われて弱ってしまいます。加えて、アブラムシによって媒介されるウイルス病や、排泄物に集まるアリ被害などに悩まされることも。できる限りの対策をして、サルビアを守りましょう。

アブラムシは湿気が多い場所を好むため、風通しが良い場所で花を管理することがおすすめです。生長するにつれて茎や葉が増えて混雑してくるため、適宜剪定してもかまいません。

また、アブラムシは薬剤を使うことで予防・駆除が行えます。防除の方法に悩んだら、専用薬剤の活用も検討しましょう。

ハイポネックス原液殺虫剤入り」は、肥料やりとアブラムシ退治が同時にできるのでおすすめです。

 

花がら摘み

サルビアは、開花期間になると続々と花を咲かせていきます。咲き終えた花をそのままにしておくと種が付き始めるため、花がらを摘み取っておきましょう。

花がら摘みの際は、枯れた花穂ごと切り取ります。切り取った箇所から脇芽が伸び、再び花を咲かせるはずです。

 

切り戻し

サルビアは暑さに強いものの、気温が高くなる真夏には生育が停滞します。弱りやすい夏の時期は、あえて切り戻しをした状態で過ごすこともおすすめです。

8月頃になったら、半分ほどの長さに切り戻してみましょう。秋になったら芽が伸び、もう一度花を楽しめるはずです。

ただし、夏を過ぎてから切り戻しをすると、秋の開花に間に合わない可能性があります。タイミングを逃した場合は無理に切り戻さずにおいたほうが良いでしょう。

 

 

サルビアの増やし方

サルビアは、種をとってまく方法や、挿し芽(挿し木)で増やすことができます。栽培に慣れてきたら、お好きな方法で増やしてみるのもおすすめです。最後に、サルビアの増やし方をご紹介します。

 

種の採取

サルビアの花が咲き終わると、種がつくられます。種を採取する場合は花がら摘みをやめて、茶色く枯れるまで待ちましょう。

サルビアが枯れたら花穂ごと切り取り、数日間乾燥させます。乾燥が終わったら種を取り出しましょう。

種まき適期が来るまでは、冷暗所にて保存しておきます。通気性の良い紙袋に入れておきましょう。

 

挿し芽(挿し木)

サルビアは、挿し芽でも気軽に増やすことができます。剪定や切り戻しのときにカットしたものを挿し穂として使うと手軽です。元気の良い新しい茎を選ぶと、発根しやすくなるでしょう。

挿し穂をカットしたら1時間ほど水につけます。下のほうについている葉は取り除きましょう。

挿し芽をするときは、新しい土を用意することがおすすめです。肥料分が入っておらず、清潔な土を準備しましょう。赤玉土や鹿沼土など、手元にある用土を使って問題ありません。市販されている挿し木用土を使うこともできます。

用土に穴をあけてから挿し穂の先端を入れ、土をかぶせてあげます。水をたっぷりと与えて土を湿らせておきましょう。発根するまでは日陰にて管理します。根が出たら少しずつ日の当たる場所へ移動しましょう。生長に合わせて鉢上げし、大きなプランターや花壇へ移します。その後は、水やりや施肥などを行い、同じように育てていきましょう。

 

 

おわりに

サルビアは栽培しやすく、ガーデニング初心者にもおすすめの花です。5月頃から栽培をスタートすると、初夏から冬のはじめにかけて、たくさんの花を咲かせてくれます。ぜひ、いろいろな品種を植えて、にぎやかな花壇をつくってみましょう。

 

 

この記事に関連する商品について

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

「Plantia」花と野菜と果実の肥料

草花・野菜・果実など、いろいろな植物に使用できます。
●植物の生育に必要な成分をバランス良く配合した有機入り緩効性肥料です。
●根が良く張り、丈夫で健全な生育を促します。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

詳細を見る

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 

肥料と殺虫剤がひとつに!

  • 水でうすめて株元へ処理するだけで、肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできます。
  • 殺虫成分であるジノテフランは、浸透移行性に優れ、根から吸収されて植物全体に行きわたり効果が持続します。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

シソ科のサルビアは、園芸初心者にもおすすめの育てやすい植物です。花を長く楽しむために、適切な栽培環境を把握し、性質に合ったお手入れをしま...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future