Plantiaトップ 学ぶ ゴージャスな花の姿が美しいヒヤシンスお庭に植えて育てるには?

学ぶSTUDY

ゴージャスな花の姿が美しいヒヤシンス
お庭に植えて育てるには?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ヒヤシンスは春を代表する花のひとつです。ゴージャスな花の姿は、お庭を華やかに飾り立ててくれます。耐寒性が強いため、寒い土地にお住まいの方もぜひ栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ここでは、ヒヤシンスを土に植えて育てる方法や球根の増やし方などをご紹介します。

目次

ボリューム感のある花と香りの良さが特徴
・名前の由来
・風に乗って運ばれるヒヤシンスの香り
・クリスマスマーケットにヒヤシンス?
たくさん植えて見事な花の姿を楽しもう
・土づくり
・植えつけ
・水やり
・肥料
ヒヤシンスの増やし方にはコツがある?
・ダッチ系のヒヤシンス
・ローマン系のヒヤシンス
・ダッチ系の分球

ボリューム感のある花と香りの良さが特徴

ヒヤシンスは春の花として人気の植物です。一株に花がたくさん咲くため、ひとつ植えるだけでも見応えがあります。原産地はギリシアやシリア、小アジアなどで、日本へは江戸時代の末期に伝わってきたとされています。

 

名前の由来

ヒヤシンスの名前は、ギリシア神話に登場するヒュアキントス王子に由来するといわれています。王子が流した血から咲いた花がヒヤシンスになったという伝説があります。
また、明治時代の日本では、ヒヤシンスを書く際に「飛信子」や「風信子」などの当て字を使っていました。現在でもヒヤシンスを日本語表記する際にはこれらの字が使われることがあります。

 

風に乗って運ばれるヒヤシンスの香り

ヒヤシンスは香りが良いことでも有名です。爽やかで上品なグリーン系の香りが特徴で、アロマオイルや香水などの原料にもなっています。ご自宅に植えると、花の時期には華やかな香りが堪能できるでしょう。ヒヤシンスとほかの花を組み合わせ、複雑な香りを楽しむのもおすすめです。

 

クリスマスマーケットにヒヤシンス?

クリスマスを待ち望むアドベント中に行われる、クリスマスマーケット。最近では、日本でも各地で開催されることが増えてきました。昔からクリスマスマーケットが盛んなヨーロッパや北欧では、ヒヤシンスの球根を売る習慣があるそうです。クリスマスマーケットでは、すでにつぼみがついた状態の球根が並びます。球根を購入した人々は持ち帰って室内で栽培し、クリスマスに花を咲くヒヤシンスの花を楽しむそうです。

たくさん植えて見事な花の姿を楽しもう

ヒヤシンスは耐寒性にすぐれた育てやすい植物です。鉢や花壇などにたくさん植えて、見事な花の姿を楽しみましょう。ここでは、ヒヤシンスの基本的な育て方をご紹介します。

 

 

土づくり

ヒヤシンスの根は大変長く伸びていきます。土がかたいと根の伸長が妨げられてしまうため、ふんわりとした軽い土を用意してあげましょう。鉢植えの場合は元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されているハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。地植えの際は30cm以上の深さまで掘り返し、腐葉土を混ぜて耕しておきましょう。

 

植えつけ

ヒヤシンスの球根は10月~11月の秋に植えつけします。寒さに当てることで花芽をつける性質があるため、冬の間も戸外で育てましょう。鉢植えの場合、土の表面ぎりぎりのところへ植えつけを行います。球根の頭が出る程度の穴を掘って植え、根がしっかりと伸ばせるようにしましょう。鉢底には水はけを良くするために鉢底石を敷いておきます。球根が込み合わないよう、一株につきひとつの鉢へ植えるのが基本です。地植えの場合は、土から球根2個分の穴を掘って植えつけしてかまいません。複数の株を植える場合は、球根1.5個~2個分は株間をあけます。また、地植えの場合は、元肥として肥料効果が約1年間持続する「マグァンプK中粒」を土に混ぜ込みましょう。

 

水やり

水はけの良い場所を好むヒヤシンスですが、乾燥させすぎると根から枯れてしまうことがあります。特に生育期間となる10月~5月にかけては、土の表面が乾いたらたくさん水をあげましょう。その後は地上に出ている葉や茎が枯れ、球根が休眠しはじめるため、水やりを減らします。

 

肥料

芽が出て開花するまでは、一週間から10日に1回の頻度で液体肥料「ハイポネックス原液」を与えます。また、花が終わる時期に差し掛かったら、球根を充実させるために「マグァンプK小粒」で追肥を行いましょう。

ヒヤシンスの増やし方にはコツがある?

ヒヤシンスは、球根が分球することで増えていきます。ただし、品種によって分球のしやすさが異なるのがポイントです。ここでは、現在主流の園芸品種であるダッチ系とローマン系のヒヤシンスを増やすコツをご紹介します。

 

ダッチ系のヒヤシンス

現在、よく育てられているヒヤシンスの園芸品種は、ダッチ系とローマン系のふたつに分けられます。ダッチ系はオランダで品種改良されてきた品種、ローマン系はイタリアで改良されてきた品種です。ダッチ系は大ぶりの花がたくさん咲く、ボリューム感のある見た目が特徴です。ダッチ系のヒヤシンスには、自然に分球しにくいという特徴があります。そのため、増やしたいときはこちらで球根に細工して、分球を促してあげるのがおすすめです。

 

ローマン系のヒヤシンス

ローマン系のヒヤシンスは草丈が低く、小さな花を咲かせるのが特徴です。ひとつの茎につく花はダッチ系ほど多くありませんが、ひとつの球根からいくつもの茎が生えてきます。ローマン系は自然に分球しやすいため、こちらが何もしなくても十分に増えてくれます。植えっぱなしにしていても地中で分球して増えていくため、地植えにするのにも向いています。ただし、水はけの悪い場所に植えている場合は、梅雨の季節になると過湿になってしまう可能性があります。できれば梅雨に入る前に球根を掘り上げて、別の場所で管理したほうが良いでしょう。

 

ダッチ系の分球

ダッチ系のヒヤシンスを増やしたいときは、球根を掘り上げて「スク―ピング」や「ノッチング」を行います。「スク―ピング」は球根のそこにある基部をえぐり取ること、「ノッチング」は基部に切れ込みを入れることです。花が終わって葉や茎が枯れてきたら、球根を掘り上げて土を落とし、風通しの良い日陰で1カ月程度乾燥させましょう。球根の乾燥が終わったら、消毒した園芸用のナイフを使って、スク―ピングかノッチングを行います。作業が終わったら再び風通しの良い日陰で保管します。うまくいけば切り口から子球が出てくるはずです。親球ごと植えつけすると、2年~3年ほどで開花するでしょう。

おわりに

ヒヤシンスは一株に咲く花が多いため、ダッチ系とローマン系ともに大変華やかな姿が楽しめます。耐寒性が強いため、寒い地域でも地植えできるのがメリットです。ぜひ複数の株を植えて、咲き誇るヒヤシンスの姿を楽しみましょう。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら
マグァンプK中粒のご購入はこちら
マグァンプK小粒のご購入はこちら
ハイポネックス原液のご購入はこちら

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

ご購入はこちら

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

ご購入はこちら

詳細を見る

マグァンプK小粒

追肥として株元にばらまくだけ!

  • 株元にばらまくタイプの追肥。約2ヵ月間の効きめ。
  • すでに植わっている植物の株元にばらまくだけで、肥料成分がゆっくり溶け、根にやさしく根の張りを良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・野菜の種まき、苗づくりの元肥としても最適です

ご購入はこちら

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

ご購入はこちら

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ヒヤシンスは春を代表する花のひとつです。ゴージャスな花の姿は、お庭を華やかに飾り立ててくれます。耐寒性が強いため、寒い土地にお住まいの方...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future