1. よくある質問

よくある質問QUESTION

肥料に有効期限はありますか?なぜ、有効期限が表示されていないのですか?

食品や薬品と違い、肥料は安全性の高い原料が使用されており、成分変化は起こりにくくなっています。したがって肥料の法律である「肥料取締法」にも、有効期限の定めはありません。当社の製品は、安定性の高い原料、安定性を考えた配合や製法で造られており、15年前の原液ハイポネックスを分析しましたが、保証成分に問題はありませんでした。ただし、キャップが開いたままであったり、長い間、直射日光の当たるところに置いたりしている物は、成分が変化している可能性がありますのでご注意ください。使用後はキャップをしっかり閉めて、直射日光や高温のところを避けて保管してください。

ボトルの底部や、裏ラベルの下部に数字がありますが、これは有効期限ですか?

法律上、製品に製造日を記載することが義務づけられており、ボトル底部、裏ラベル下部の数字は「製造(生産)した年月」になります。有効期限ではありません。

ハイポネックス液肥の簡単なうすめ方を教えてください。

・500倍液をつくる場合は、牛乳パック大(1L)の水に、ハイポネックス原液2mlを溶かします。10Lのバケツの水では、ハイポネックス原液20mlを溶かします。
・1000倍液をつくる場合は、牛乳パック大(1L)の水に、ハイポネックス原液1mlを溶かします。10Lのバケツの水では、ハイポネックス原液10mlを溶かします。
ハイポネックス原液のキャップ1杯は約20ml、ハイグレードシリーズは、キャップの大きい方1杯は約10ml、小さい方1杯は約5mlです。
水さし、ジョウロ、バケツの裏には、入る水の量が表示されていることが多いのでご確認ください。

うすめた液肥を保管しておきたいのですが、成分的に問題はありませんか?

うすめると肥料成分が化学変化を起こしやすくなりますので、うすめた液はその日の内に使い切ってください。どうしても保存したい時にはキャップを閉め、誤飲しないように、直射日光の当たらないところで保管してください。そのうすめた液を使う時は使用前に容器をよく振り、できるだけ早めにお使いください(保管期間は約1週間程度が目安です)。特に夏場は、藻が生えることがありますのでご注意ください。

ハイポネックスの液に色がついているのはなぜですか?

うすめた液が肥料であることを目で見てわかるように色をつけています。うすめた液の色の濃さにより肥料の濃さがわかり、まちがって濃い液を与えてしまうことを防ぎます。水溶性の食用色素を使用しています。かき氷などに使われる食用色素です。

ハイポネックスの肥料に毒性はありますか?

公共機関で、急性経口毒性(マウス)試験の結果、LD50値が5g/kg以上で、毒性の一番低いランクです。この毒性の程度は、食塩と砂糖の間くらいです。なお、誤飲しないように子どもの手の届かないところで保管してください。もし誤飲されてご心配な場合や、多量に原液を誤飲された場合は、医師にご相談ください。

ハイポネックスの肥料を野菜に与えても安全ですか?

肥料を与えて栽培し収穫した野菜は、安心してお召し上がりいただけます。肥料が野菜にかかっても、通常のように水で洗っていただければ、いつでも安心してお召し上がりいただけます。国の厳しい肥料登録の基準をクリアーしており、国の許可を受けて製造されています。

ハイポネックスの肥料は農薬と混合できますか?

農薬との混合は、化学反応を起こすことがあり危険ですので、混合はしないでください。

液肥が花や葉にかかっても大丈夫ですか?

植物は栄養分(肥料)を根から吸収するので、肥料は株元に与えてください。花やつぼみにかかると、しみが出たり花が傷むことがあります。なお、根が弱っている時は、葉に直接、肥料を散布して使う「葉面散布」という方法もあります。この場合はラベルに記載した濃度をお守りください。

肥料と活力液は、どう違うのですか?

肥料には、それぞれの植物が健全に育つために必要な各種栄養成分がバランスよく含まれています。活力液はビタミンや鉄分などの栄養素を配合したもので、肥料成分は含まれていません。ダメージを受けた植物を回復させたり、開花促進や成長促進用に販売され、速効性はありますがピンチの際の応急処置と考えましょう。活力液だけでは植物は育ちません。肥料と併用してご使用ください。

水耕栽培に適した肥料を教えてください。

微粉ハイポネックスをおすすめします。水でうすめて与える速効性の肥料で、特に植物の根を丈夫にするカリ(K)成分が多く含まれ、植物に活力を与え、強健な植物の生育に効果的です。水耕栽培では、1000倍液(1gの計量スプーンに水1L)を1週間に1回与えます。その時にすべての液を廃棄し、この1000倍液と入れ替えてください。