Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる Labyrinthバラの迷宮pickup87『シビュラ』

植物の種類から調べるSEARCH

Labyrinth  バラの迷宮 pickup87
『シビュラ』

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE
Data

■作出:ドイツ タンタウ

■花色:クリムゾンレッド 

■花型:一重咲き/一季咲き

■花径:中輪 

■香質:淡香

■樹形:高さ1.1×幅1.2m

クリムゾンレッドの花の中央に、ライラック色のおしべの葯(やく)と花糸。5弁一重咲き、花径7㎝。房咲き。一季咲きで、晩秋にはローズヒップも楽しめる。樹は高さ1.1×幅1.2m。耐病性に優れている。花名は古代神話の巫女の名。ギリシャでは太陽神アポローンの聖地デルポイで神託を行った。2019年作出、2020年日本発表。

 

 

1-1

バラのおもしろさは多様性にある。‘シビュラ’は近年の発表作では珍しいロサ・ルゴサ(ハマナス)系の交配種(ハイブリッド・ルゴサ)。庭では八重のバラの間や雑木の株元などに配置し、灌木のように楽しめる。

 

1-2

細長い蕾から開花。クリムゾン色が、浅緑色のしわの多い細長い楕円形の葉に映える。

 

1-3

一重咲き~半八重咲き品種は葯と花糸の色、弁底の色が花の個性を決める。‘シビュラ’の花の最大の特徴は葯も花糸もライラック色であること。赤紫色の弁底に少し黄色を覗かせ、花名の託宣を行う巫女の瞳をイメージさせるような神秘的で妖しげな雰囲気。

 

なお通常多くの品種の葯は黄色で花糸は白~黄色。葯が淡紫色・花糸が赤い品種では‘ベイシーズ パープル ローズ’、葯が黄色・花糸が赤い品種には‘デンティ ベス’‘ジャクリーヌ デュ プレ’‘ピンク サクリーナ’などありそれぞれ個性的。

 

%ef%bc%94
左:ベイシーズ パープル ローズ   右:デンティ ベス

 

%ef%bc%95
左:ピンク サクリーナ  右:ジャクリーヌ デュ プレ

 

玉置さん

 玉置一裕 Profile
バラの専門誌『New Roses』編集長。
『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Data ■作出:ドイツ タンタウ ■花色:クリムゾンレッド  ■花型:一重咲き/一季咲き ■花径:中輪  ■香質:淡香 ■樹形:高さ1.1×幅1.2m

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future