Plantiaトップ 調べる 対処法を調べる アサガオが枯れる原因と対策。枯れそうなときの復活方法について

対処法を調べるSEARCH

アサガオが枯れる原因と対策。枯れそうなときの復活方法について

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

夏の花の代名詞、アサガオ。
早朝に咲く鮮やかな色の花は、うだるような暑さの日でも気持ちを爽やかにさせてくれますね。

そんなアサガオですが、「枯らしてしまった」といった声が多いのも事実。
アサガオは基本的には栽培しやすい植物ですが、栽培環境や管理方法が悪ければ、当然枯れることもあります。

そこで今回は、アサガオが枯れる原因と対策方法についてご紹介します。
この夏、アサガオを元気いっぱいに育てられるように、ぜひ参考にしてみてください。

アサガオが枯れる2大原因と対策方法

ちゃんとお世話をしていたつもりなのに、あるとき葉が黄色っぽくなってきて、みるみるうちに枯れてしまった……

このようなケースでは、以下が原因として考えられます。

 

①直射日光を当てすぎている

アサガオは日光を好む植物ですが、強すぎる直射日光が当たると枯れやすくなります。
特に、午後の強い日差しと夕方の西日には注意が必要です。

株が弱ってきたかなと思ったら、明るい日陰または半日陰の場所に移しましょう。
昼間の直射日光と夕方の西日を避けることができ、午前中のみしっかり日光が当たる場所がベストです。

地植えしていて移動させられない場合は、遮光ネットを使って強い日差しを遮るようにしてください。

 

②水切れしている

毎日花を咲かせるアサガオは、水をたくさん必要とします。
そのため、水やりが足りず水不足になると枯れやすくなってしまいます。
特に、下のほうの葉っぱが黄色くなっているなら、水切れの可能性が高いといえます。

水やりは、1日1回を目安に。
鉢の底から水があふれるくらいたっぷりと与えてください。

水やりのタイミングは、早朝または夕方以降の涼しい時間帯が最適です。
気温の高い昼間に水やりをすると、土の中の温度が上がって根腐れを起こす原因になります。

とはいえ、水切れするのを恐れて水をやりすぎるのもNG。
水のやりすぎで過湿状態になると、それはそれで根腐れの原因となります。

水やりは、必ず土の表面が乾いていることを確認してから。
土が湿っている場合は不要です。
朝に水をあげたのに夕方に土が乾いている場合は、もう一度水をあげます。

 

また水やりの際、7日~10日に一度、「ハイポネックス原液」を与えると、花つきが良くなります。

アサガオが枯れかけているときの復活方法は?

「なんだか元気がないな」「葉が黄色くなって今にも枯れそう」
そんなときは、まずは枯れてしまった葉や明らかに元気のない葉はカットして取り除きましょう

こういった葉はもう光合成ができないので、そのままにしておいても復活することはありません。

枯れかけている葉を除去したら、直射日光の当たらない場所に移動させ、水やりをしっかりと行いながら様子をみましょう。

 

なお、ここでNGなのは肥料を与えることです。

「弱っているから養分をあげなくちゃ」と肥料を与えたくなってしまうかもしれませんが、弱っている株に肥料は刺激が強すぎます。
肥料を与えることでかえって枯れてしまうこともあるので、肥料は控えましょう。

そのような時は「植物用活力液リキダス」を与えましょう。
有効成分コリン、フルボ酸、アミノ酸の3つの相乗効果で植物本来が持っている力を引き出し、弱っている株を回復させます。

株がしっかり回復してから液体肥料をあたえましょう。

この記事に関連する商品について

植物用活力液リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!植物生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。葉面散布液としても使用できます。

詳細を見る

ハイポネックス原液

与えてすぐに効果が現れる速効性で、草花から野菜まで、いろいろな植物に使えます。植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランスよく配合しています。水でうすめる液体肥料です。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

夏の花の代名詞、アサガオ。早朝に咲く鮮やかな色の花は、うだるような暑さの日でも気持ちを爽やかにさせてくれますね。 そんなアサガオですが、「...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future