Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる Labyrinthバラの迷宮pickup65『ソフィーロシャス』

植物の種類から調べるSEARCH

Labyrinth  バラの迷宮 pickup65
『ソフィー ロシャス』

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE
Data

■作出:フランス デルバール

■花色:淡いピンク色/花径8~10cm

■花形:ロゼット咲き

■香質:ローズ・ライラックの香り

■樹形:高さ1.8×幅1.2mのシュラブ

■花期:四季咲き

 パリのクチュールメゾンブランド「ロシャス」の香水「ファム」へのオマージュで、創業者マルセル・ロシャスの娘ソフィーに捧げられた。

 フェミニンかつ上品な華やかさを持つバラで、どの花弁の縁にも切れ込みが入ることが大きな特徴。

 淡いピンク色の花色は「ロシャスピンク」とか「バレリーナピンク」と表現され、晩秋にはアプリコットのトーンにも。

 花径8~10㎝の少し大きめのロゼット咲き。最初は花の中央を高く盛り上げ、咲き進んで丸いかたちになり花芯を覗かせる。四季咲き。

 香水「ファム」の香り(フローラルノートのライラックとパウダリー・ローズ、柑橘系)のような、「レモン・グレープフルーツ、ローズ・ライラック」の上品で強い香りがある。

 葉はマットな質感で、樹勢が強く、枝にはトゲが少ない。樹は高さ1.8×幅1.2mのシュラブ。

 株はよく茂る。花枝が短めなので、フェンスやアーチなどにつるバラとして仕立ててもよくまとまる。香り高いので極端に水を切らすと花弁に傷みがでることもあるが、通常の管理なら大丈夫。同様の花形のミディアムピンクの‘ビアンヴニュ’より花弁先に切れ込みが入りやすく、枝が伸びすぎることがない。

 2018年秋日本発表、2019年春発売の人気品種。

 

ソフィーロシャス

淡いピンクで花芯を抱えて開花する春花(左)

アプリコットのトーンで花芯を盛り上げて咲いた晩秋の花(右)

どの花弁先にも切れ込みが入る。

 

ソフィーロシャス

咲き進んで丸いかたちに。花からはローズとライラックの芳香が漂う。

 

玉置さん

 玉置一裕 Profile
バラの専門誌『New Roses』編集長。
『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Data ■作出:フランス デルバール ■花色:淡いピンク色/花径8~10cm ■花形:ロゼット咲き ■香質:ローズ・ライラックの香り ■樹形:高さ1.8×幅1....

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future