Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる 冬はうっすら紫色に色づく『ハガイトリメンシス』

植物の種類から調べるSEARCH

冬はうっすら紫色に色づく『ハガイトリメンシス』

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

エケベリア属の『ハガイトリメンシス』は、葉の色がシーズンによって変化し、春夏は白色の粉をまとった緑で、秋から冬になると紫色に変化します。 耐暑性と耐寒性に優れ、湿度の高い梅雨時期や夏場の水やりを控えめにすることで、初心者の方にも簡単に育てることができます。 子株も増えやすく、葉刺しも上手くつきやすいので増やしたい方にはおすすめです。

今回は、エケベリア属の中から『ハガイトリメンシス』をご紹介します。

葉の触りすぎには注意を!

ハガイトリメンシスは葉先が少し丸みを帯びていてプリッとした肉厚の葉が特徴。その可愛さや美しさから思わず葉に触れたくなりますが、葉に触れてしまうと表皮の白い粉がはげてしまいます。 粉がはがれた部分は、葉焼けを起こしやすく傷みのもととなるので注意しましょう。水やりの際も葉ではなく、根元に与えるのがベストです。

梅雨時期と夏場の蒸れを避けましょう

直接葉に水分が当たらないようにすると葉の美しさを保つことができます。雨には直接当たらないようにしましょう。 特に水のやりすぎや、雨に濡れたまま日にさらしてしまうと蒸れに繋がります。 多湿な梅雨記事や夏場は月に1〜2回程の水やりにとどめ、風通しの良い場所に置くことを心がけましょう。 また、エケベリア属の中では葉が高く成長しやすいので、水の与え過ぎは葉が落ちやすくなります。

株分けや葉挿しもチャレンジしやすい

ハガイトリメンシスは、子株が根元から次々と出てきやすく株を分けて鉢を増やすことも簡単にできます。そのため初心者には葉挿しや挿し芽もチャレンジしやすい反面、増え過ぎてしまう可能性もあるほどです。 ハガイトリメンシスは増やしやすく、シーズンによって葉色が変化するので、寄せ植えやアレンジを季節によって楽しんでみてはいかがでしょうか。

1483426344370_tmp Photo bysorahakuさん@GreenSnap

GreenSnapで沢山のハガイトリメンシスの写真を見ることが出来ます。

寄せ植えのアイテムとしてもインパクト大です!

この記事で紹介された植物について

ハガイトリメンシス

学名:Echeveria Haagai Tolimensis 科・属名 エケベリア属 原産地:メキシコ、アメリカ南部、南米北部

この記事に関連する商品について

植物用活力液リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!植物生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。葉面散布液としても使用できます。

詳細を見る

速効スプレー液

葉にスプレーするだけで、すみやかに葉から吸収され、葉や根の活力を高め、植物を美しく、いきいきと育てます。
臭いも少なく多肉植物や観葉植物、ハイドロカルチャーに適しています。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

エケベリア属の『ハガイトリメンシス』は、葉の色がシーズンによって変化し、春夏は白色の粉をまとった緑で、秋から冬になると紫色に変化します。 ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future