Plantiaトップ 学ぶ 晩秋から春に花を咲かせるマーガレット、育て方のコツと注意点

学ぶSTUDY

晩秋から春に花を咲かせるマーガレット、育て方のコツと注意点

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

細長い形をした真っ白な花びらと中央の黄色い花柱のコントラストが美しいマーガレット。子どもの頃、花占いをした記憶がある方も多いのではないでしょうか。

マーガレットは、晩秋から春まで長期間花を楽しめる、ガーデニングにピッタリな植物です。
今回は、そんなマーガレットの特長や育て方のポイント・育て方の注意点などをご紹介します。

マーガレットの特長

マーガレットは、カナリア諸島を原産とするキク科の常緑低木です。品種によって一重咲きやポンポン咲きなどがあり、草丈も50cm前後のものから1m前後になるものまでさまざま。長期間花が楽しめることから、ガーデニング植物として大変人気があります。ただし、寒さにはあまり強くありませんので、冬場の管理には少しコツがいります。

花の色は、白が有名ですが、ピンクや赤・黄色・オレンジなども。秋から冬にかけて殺風景になりがちなお庭やベランダをカラフルに彩ってくれます。

マーガレットの育て方のポイント

植えつけ時期と開花時期

マーガレットの植えつけは4月から5月、または10月が適しています。開花時期は11月から5月前後にかけて。冬の管理がうまくいけば、長い期間花を咲かせます。

 

  • 種まきと苗植え

マーガレットは、種まきでも苗植えでもどちらでも育てることができます。マーガレットは根詰まりを起こしやすい性質がありますので、購入した苗は一回り大きな鉢やプランターに植え替えることをおすすめします。

なお、マーガレットは夏の暑さに弱く、冬の寒さにもあまり強くはない植物です。温度管理が必要になりますので庭植えよりも移動できる鉢やプランターで栽培したほうがいいでしょう。

 

  • 用土について

マーガレットは高温多湿な環境を嫌います。用土には水はけの良い「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」が適しています。元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますので、そのまま使えます。

 

肥料について

元肥が入っていないタイプの用土を使う場合は、植えつけ前に元肥を施しましょう。元肥にはリン酸成分が多く肥効期間が約1年とゆっくり長く効く緩効性肥料「マグァンプK中粒」がおすすめです。

また、生育期に当たる春と秋には追肥を与えます。追肥にはいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くする液体肥料「ハイポネックス原液」を水に薄めて1週間に1回、与えましょう。
夏場は生育が緩慢になるので肥料はストップします。夏場に肥料を与えてしまうと、株が弱る原因となることもあります。

 

  • 水やりについて

マーガレット栽培では水の与えすぎに注意してください。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと。与えすぎは根腐れの原因になります特に、冬場は土が乾きにくいので水やりの頻度を少なくします。また、夏場も生育が緩慢になっていますので、水やりは控えめに。土が乾いたのを確認して与えるくらいで十分です。

 

  • 栽培場所について

マーガレットは日当たりを好みますので、しっかりと日が当たる場所で栽培しましょう

また、マーガレットは暑さ・寒さにあまり強くありません。冬場、霜に当たると枯れてしまいますので、暖かい室内で管理を。特に、購入したばかりの苗は寒さに対しての耐性ができていませんので温度管理には注意してください。夏は日陰や室内など高温多湿にならない場所に移動させます。

 

  • 切り戻しについて

春を過ぎて花の開花がひと段落したら、一度切り戻し作業を行って草丈を整えましょう。放置しているとヒョロヒョロとした弱い株になってしまいます。また、梅雨前に切り戻しをして株をスッキリさせることで過湿予防にもなります。

 

さらに、秋になったらもう一度切り戻しをしてください。草丈を半分くらいまでカットし、多すぎる葉を切り落とします。こうすることで、新芽が出やすい状態になり、翌年もたくさんの花が咲くようになります。

この記事で紹介された植物について

マーガレット

特長

一重や八重、ポンポン咲きなど、さまざまな花形が揃い、丈も50㎝ほどから1mぐらいになるものがあります。花は晩秋から春まで長期にわたり咲かせます。生長すると株元から木化し、大株になると寒さに弱くなります。

 

置き場所

鉢植えの場合は、冬~早春は日当たりのよい室内、春~晩秋は、日当たりの良い屋外

 

水やり

秋~春は表面が乾いたら、花に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをします。夏は乾かしぎみにしましょう。

詳細を見る

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

 

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

細長い形をした真っ白な花びらと中央の黄色い花柱のコントラストが美しいマーガレット。子どもの頃、花占いをした記憶がある方も多いのではないで...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future