Plantiaトップ 学ぶ 人物から学ぶ イギリス便り(8月)ガートルード・ジーキルを訪ねてヘスタークームinサマーセット

人物から学ぶSTUDY

イギリス便り(8月)ガートルード・ジーキルを訪ねて ヘスタークーム inサマーセット

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

イギリス便り

サマーセットにあるヘスタークーム。ガートルード・ジーキルの植栽のカラースキームがよく反映されているボーダーガーデン

ガートルード ジーキルについて

 イグリッシュコテージガーデンスタイルの生みの親とも言われるガートルード・ジーキル(Gertrude Jekyll / 1843 -1932年)は、約400ほどの庭を世界中で手がけた女性園芸家です。イギリスにおける産業革命後に起こるアーツアンドクラフツ運動に深く共鳴し、当時画家であり工芸家でもあったジーキルですが、その後、人生の半分を園芸家として過ごしました。アイルランド人で、首都ダブリンで庭師として修行したウィリアム・ロビンソンの影響も受け、従来のイギリス風景式庭園ではなく、自然の植栽と自生植物を生かした庭づくりを行っていきました。また、それまでに培ってきた絵画、工芸の手法を理論とともに、植栽の色彩に生かしながら、四季を生み出す植栽技術を構築します。この手法におけるカラースキームを、日本ではイングリッシュガーデンと理解していることが少なくありません。

 私がイギリスで園芸学を学んだ頃は、授業中にスライドで見ることはあっても、当時はその庭の姿がみられる場所はあまりありませんでした。現在では‘復活’という機運の中で、当時のジーキルの植栽計画に戻した庭も多く復活したことによって、その姿を見る機会が増えました。

 これは私の見解ですが、女性ガーデナーの時代の先駆を切ったデザイナーであるとも感じています。当時はまだ見られなかった女性のガーデンデザイナーとして、男性と共に安全靴を履きこなし現場を共にしています。その当時のジーキルの安全靴を捉えた写真は、いまでは貴重なものとして残っています。また、勉強熱心だったジーキルはたくさんの記述、資料を世に残してくれました。そのために、いまこうしてその庭が復活し、見ることが出来、感謝の想いです。

さまざまな様式が見られるヘスタークーム

 約50ヘクタールにも及ぶその広大な敷地内には英国スタイルの中で3つのスタイルの様式の庭がみられます。

 ジョージアン様式 (1714-1837) ランドスケープ、ビクトリアン様式 (1837-1901) テラス&低木ガーデン、エドワーディアン様式 (1901-1910) フォーマルガーデンです。まずはスタイル別に庭を見てみましょう。

 

イギリス便り

ジョージアン様式、ランドスケープ。反対側の小道から見ても美しい景色に収まるように広大なランドスケープに形成されている。

 

 

イギリス便り

ジョージアン様式、ランドスケープ。広く、長く施行された池の周辺には遠近法が用いられ、いたるところにビューポイントがみられる。

 

イギリス便り

テラス&低木ガーデン。ビクトリアン様式の特徴である鮮やかな整形式のスタイル

 

イギリス便り8月

低木を使ったビクトリアン様式のスタイル

 

年代順に見るエドワーディアン様式のフォーマルガーデン

次に、年代順にエドワーディアン様式、フォーマルガーデンを見ていきましょう。

 

イギリス便り

ジーキルの植栽にはラムズイヤーやムンステッドラベンダーの植栽コンビネーションがよくみられる

 

イギリス便り

エッジにラムズイヤーをよく使用するのもジーキル式植栽術

 

イギリス便

フォーマルガーデンの一望

 

イギリス便り

フォーマルガーデンからみたヘスタークームハウス

 

 この3つのうちのエドワーディアン様式のファーマルガーデンにジーキルのデザインがみられます。ジーキルは建築家のパートナーがいました。エドウィン・ルチンです。この庭のデザインはルチンと共に、1904年に工事を開始、1908年に終了しました。ジーキルとルチンの代表作と言えるヘスタークームは、20世紀における大変貴重なガーデンデザインが残る庭として、今も保存されています。

 以前のイギリス便りの中でお伝えした、わがスイートホームのグレートディクスターも、エドウィン・ルチンに修復を依頼しています。ルチンの建築には、直線をいかした独特のデザインが施されますが、グレートディクスターでもそのデザインが反映されています。しかし、植栽のデザインのためにジーキルが訪れることはありませんでした。それは、先代のクリストファーロイドのお母様、デイジーが植栽に従事しており、本人が手がけたためです。その血を引き継いだクリストファーロイドは、幼い頃にジーキルと出会っています。その時に「素晴らしいガーデナーになります様に」 とジーキルに言われたとされています。イングリッシュガーデンを継ぐ大切な歴史の1ページですね。

 

佐藤さん

 佐藤麻貴子 Profile
ガーデンデザイナー、ガーデナー
東京の老舗ホテルを退社後、英国で園芸学・ガーデンデザインを学ぶ。英国 チェルシーフラワーショーや長崎ハウステンボス ガーデニングワールドカップでは数々の金賞を受賞しているガーデンデザイナーのコーディネーターを務める。
2011年 makiko design studio を設立。ハンプトンコートフラワーショー2012 に「日本の復興―希望の庭」を初出展。準金賞を受賞。イギリス独特の植栽と、日本庭園を組み込んだ独自のスタイルが文化を越えて好評を博す。
チェルシーフラワーショー100 周年(2013年)では、RHS(英国王立園芸協会) のショー運営本部にて本部長のアシスタントを務め、また、イギリスにあるグレートディクスターでは、現在もガーデナーとして研鑽を重ねるなど、国内外で活動中。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

サマーセットにあるヘスタークーム。ガートルード・ジーキルの植栽のカラースキームがよく反映されているボーダーガーデン

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future