メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup97『ルイス キャロル』

Labyrinth バラの迷宮 pickup97『ルイス キャロル』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 ロサ オリエンティス(バラの家)
花色 黒赤色から紅色
花型 小中輪/ロゼット咲き/四季咲き
香質 ダマスク+ハーブの強香
樹形 高さ1.5mの木立性

丸い蕾から少し黒みを感じる丸い花に開花する少し小さめの花。

舟弁がびっしりと重なる平ためのロゼット咲き。房咲き。

四季咲きで、初冬の花はカップ咲きとなって黒みが強くなり、花弁先を外側につまんだような咲き方になる。ダマスクにハーブの強香。

枝は少し伸び、高さ1.5mのシュラブ樹形となる。

伸びた枝を伸ばして構造物に誘引・段差剪定して、小型のつるバラとしても仕立てられる。

鉢植えにも。葉は小さめで耐病性が高く、月一回の殺菌剤散布できれいにキープ。

花名は『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』などの作者名。2020年秋発表。

株の上にまとまってびっしり咲くのではなく、花枝を少し伸ばして房咲きに。花茎と花茎の間に空気感があり、ときに花の重みで横にふわっと広がる枝も出るなど、花も株もオールドローズの風情。花名とともに、さまざまにイメージを掻き立てる。

ルイス キャロル

5月4日の初花。
しなやかに伸ばした枝先にかわいらしく咲き、バラとお茶会のシーズンの到来を告げる。

お招きするのは、三月ウサギ・マッドハッター・ヤマネ・眠りネスミ?チェシャーキャット?それともハンプティダンプティ、ジャバウォッキー?

ルイス キャロル

3輪ほどの房には咲くが、びっしりまとまって咲かない、ほど良い空気感。

黒みを感じる赤色のロゼット咲き小中輪花は、咲き進んで紅色へ。

株の上に枝を伸ばして、房咲きに咲く(5月14日横浜イングリッシュガーデンで)

ルイス キャロル

小さめに咲いた夏花をたくさん集めて。

スペードの2と5と7が、ハートの女王のために咲かせられなかった赤バラのよう(6月30日)

ルイス キャロル

初冬の花は黒みが強いカップ咲きで、花の周囲の舟弁が尖る(11月13日)。

今年のフィナーレは、来年の春の新たな物語の始まり

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup96『プリンセス ヴェール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup96『プリンセス ヴェール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup98『エスプリ ドゥ パリ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup98『エスプリ ドゥ パリ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup97『ルイス キャロル』

Labyrinth バラの迷宮 pickup97『ルイス キャロル』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram