メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup99『コンフィチュール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup99『コンフィチュール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 河本バラ園 ローズ ドゥ メルスリー
花色 アプリコットオレンジに淡いピンク
花型 中輪/カップ咲き/四季咲き
香質 フルーティにティーの強香
樹形 高さ0.9~1.0mのシュラブ

丸い蕾から、アプリコットオレンジに淡いピンク色が混じるカップ咲きに開花。中輪で四季咲き。フルーティ+ティーの強く甘い香り。

樹は高さ0.9~1.0mのシュラブで横にあまり広がり過ぎない。2020年秋発表。

日々の暮らしの中の楽しみをバラに表現するローズ ドゥ メルスリー。

コンフィチュールconfiture(仏)は果物に砂糖などで煮詰めるが、果物のかたちが残りさらりとしたもの。

ゼリー状に煮詰めて糖度が高いジャムjamとは少し違う。

なお果物を砂糖やアルコールの入りのシロップで形をくずさないように煮たものをコンポートcompoteという。

花色と花形などの「花の雰囲気」と「花名」、「香り」も加えてイメージが一致。

フルーツの印象が際立ち、発表早々注目されている。

海外のバラと比べて繊細な香りが多い日本のバラの中でも、フルーティな強い香りがあることも大きな特長。

食卓に飾る。甘い香りを嗅いで気分をリフレッシュ。
コンフィチュールをのせるパンは、バケットか、程良くトーストした食パンか、お好みでどうぞ
(写真:河本バラ園)

コンフィチュール

夏の花。出芽の銅葉が花を引き立てる

コンフィチュール

コロコロに咲いた秋花。蕾にはむいたフルーツの赤い皮が残るよう

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup98『エスプリ ドゥ パリ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup98『エスプリ ドゥ パリ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup100『フレーズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup100『フレーズ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup99『コンフィチュール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup99『コンフィチュール』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram