メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup113『ライラック デイズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup113『ライラック デイズ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

Data

作出 イギリス ワーナー
花色 ライラック色
花型 花径7㎝/半八重咲き/返り咲き
香質 微香
樹形 枝の伸長2.5mのつる性

濃い色の蕾は、透明感のあるライラック色の小中輪セミダブルの花に開花。

中央に黄色いしべをみせる。房咲き。返り咲き。香りは淡い。

枝は2.5m伸長。トゲが少なくしなやかなので、アーチ・フェンスや壁面・オベリスク・ピラー(柱)など、さまざまな仕立て方ができる。

葉は濃緑の皮革質で耐病性が高い。

2014年作出、2017年Lilac Bouquetとして英国で紹介され、2021年に日本発表。

数少ないライラック・ピンクの小中輪のつるバラ。耐病性が高い。

初期生育は遅めだが、イギリスの情報では枝が3~4m伸びアーバーや樹にからめる仕立ても可能とされ、つるバラとしての用途が広い。

ライラック デイズ

ライラック色で花の中央は薄い色。黄色の花芯がポイント

ライラック デイズ

日なたで。葉は花とバランスの良い大きさ。皮革質で耐病性が高い

ライラック デイズ

小中輪の花は、大輪と違い少し離れて見る。とくに庭ではこの色のつるバラは貴重。間伐材のフェンスに、クレマチスと一緒に誘引(コピスガーデンで)

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup112『ラ ブロッシュ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup112『ラ ブロッシュ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup114『メアリー レノックス』

Labyrinth バラの迷宮 pickup114『メアリー レノックス』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン フローラガードAL

ブリリアントガーデン サルバトーレME

水でうすめてたっぷり使える!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup113『ライラック デイズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup113『ライラック デイズ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram