Plantiaトップ 調べる 季節から調べる 耐寒性が高くて育てやすい。オステオスペルマムの育て方のポイント

季節から調べるSEARCH

耐寒性が高くて育てやすい。オステオスペルマムの育て方のポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

冬の管理がしやすい植物を育てたい方には、オステオスペルマムがおすすめです。
耐寒性がとても高いため、冬のお庭でも簡単に育てられ、3月前後になると可憐な花を咲かせます。
今回は、そんなオステオスペルマムの育て方や育て方のポイントなどをご紹介します。

オステオスペルマムの特長

オステオスペルマムは、南アフリカを原産とするキク科の多年草です。
花の色は、薄紫やピンク・赤・オレンジ・黄色・白など。
花姿は、八重咲きや花びらがスプーンのような形をしたものなど、品種によってさまざま。
太陽の光を受けて花を開き、夜間や曇り・雨の日には閉じる性質をしています。
耐寒性がとても高いため、冬場の厳しい寒さでも元気に育ちます。
反面、高温多湿には弱いため、夏場の管理には少し注意が必要です。

オステオスペルマムの育て方のポイント・育て方の注意点

植えつけ時期

オステオスペルマムの植えつけ適期は、種まき・苗植えいずれの場合も9月から10月にかけて。
その後、3月前後から6月前後にかけて花を咲かせます

 

植えつけ用土

オステオスペルマムの用土には、ハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。
排水性・通気性に優れていますので、多湿を嫌うオステオスペルマムに最適です。

 

肥料

植えつけ時には培養土に元肥として緩効性肥料を混ぜ込みましょう。
元肥には肥効期間が約1年とゆっくり長く効くマグァンプK中粒がおすすめです。
上記のハイポネックス培養土 鉢・プランター用を用いる場合は、あらかじめ元肥としてマグァンプKが配合されているので不要です。
また、開花シーズンには液体肥料としてハイポネックス原液を1週間に1回を目安に与えます
肥料が切れると花つきが悪くなります
ので、肥料不足に注意してください。
なお、開花シーズン以外の肥料は不要です。

 

水やり

土の表面を指で触ってみて土が乾いていたら水を与えます。
鉢底から水が染み出るくらいたっぷりと与えてください。
ただし、オステオスペルマムは多湿を嫌いますので、水の与えすぎには気をつけましょう
特に生育が緩慢になる冬場に水を与えすぎると根腐れを起こしやすくなります

 

栽培場所

オステオスペルマムは基本的に日光がよく当たる場所で管理してください。
冬場もできるだけ日当たりがいい場所に置くことをおすすめします。
ただし、真夏の高温多湿な環境には弱いため、夏場は半日陰で風通しの良い場所に移動させた方がいいでしょう。
また、梅雨時期の前後は雨が当たらない軒下などに移動させてください。

 

冬場の管理

オステオスペルマムは耐寒性が非常に高い植物です。
マイナス5℃前後までは耐えることができます。
ただし、霜に当たると株が弱ってしまいますので、冬場に霜が下りる地域では、マルチングをするか寒冷紗を立てるなどをして霜除対策を行うか、霜が当たらない軒下などに場所に移動させてください。

 

切り戻し

オステオスペルマムは高温多湿に弱いため、夏が来る前に切り戻しをして株が蒸れないようにしておきましょう
株の1/3ほどの長さに切り戻し、風通しを良くし蒸れを防ぎましょう。
また、この際に古い葉っぱも摘み取っておきましょう。

 

花がら摘み

開花シーズンにたくさん花を咲かせるためには、咲き終わった花は順次摘み取ることが大切です。
花がら摘みをすることで次の花が開きやすくなります。

 

植え替え

オステオスペルマムは2年に1回を目安に植え替えが必要です。
6月または9月から10月に、一回り大きな鉢に植え替えてください。

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

N-P-K-Mg=6-40-6-15 マグネシウム配合
※使用法:【元肥】土に混ぜ込みます。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

N-P-K=6-10-5
※使用法:水でうすめて7~10日に1回与えます。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

冬の管理がしやすい植物を育てたい方には、オステオスペルマムがおすすめです。耐寒性がとても高いため、冬のお庭でも簡単に育てられ、3月前後にな...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future