Plantiaトップ 調べる 季節から調べる 冬に咲く可憐でたくましい雪割草。育て方のポイント

季節から調べるSEARCH

冬に咲く可憐でたくましい雪割草。育て方のポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

冬の寒さがひと段落し、暖かい日差しが降り注ぐようになると花を咲かせる雪割草。
雪どけを待ちきれずに雪の間を割って出るようにつぼみを覗かせることから、この名前がついたといわれています。
冬の寒さにも負けない丈夫さと可愛らしい花姿で、冬のガーデニングにはぴったりの植物です。
今回は、そんな雪割草の育て方のコツや育て方の注意点をご紹介します。

雪割草の特長

雪割草は、北陸地方や東北地方の日本海側を原産とするキンポウゲ科の植物です。
これらの地域には、昔から自生種がたくさん存在しています。
可憐な見た目に反して耐寒性・耐暑性いずれも優れているため、大変育てやすい植物だといえます。
花の色は、白や赤・ピンク・紫色など。
品種によって咲き方もさまざまで、二段咲きや三段咲き・千重咲きなど唐子咲きなど多数のバリエーションがあります。
多数の品種を寄せ植えにすると見応えが出ます。また、雪割草には、花が咲いた後にしか葉が出ないという性質があります。

雪割草の育て方のポイント・育て方の注意点

植えつけ時期

雪割草の植えつけは4月から5月または8月から9月が最適。
その後、2月上旬から5月上旬にかけて花を咲かせます。
庭植え・鉢植えどちらでも育てることが可能ですが、季節ごとに管理場所を変えた方がよく育ちますので、植えの方が扱いやすいと言えます。

 

植えつけ用土

雪割草の植えつけには、ハイポネックス培養土 鉢・プランター用が適しています。
元肥としてマグァンプKが配合されていますので、そのまま使用できます。

 

鉢選び

多湿を嫌う雪割草の鉢には、乾きやすく鉢穴が大きめのタイプが適しています。
うわぐすりがかかった鉢や鉢穴が小さい鉢は避けた方がいいでしょう。

 

管理場所

雪割草は、強い日光が得意ではありません
日差しが当たりすぎると枯れてしまうことがあります
鉢植えの場合は、開花時期に当たる晩冬から春にかけては明るく日当たりが良い場所で管理します。
花が終わり葉がついてきたら、明るい日陰で風通しの良い場所に移動させましょう。
その後、梅雨時期から翌年の春の開花時期までは、日陰で管理してください。
特に場の直射日光が当たらないように注意が必要です。
庭植えする場合は、年間を通じて緩やかに日が当たる落葉樹林の株元で栽培するのが適しています。

 

冬場の管理

雪割草は耐寒性が高い植物です。
マイナス5度前後の寒さは耐えることができます。
ただし、風が強い地域では冷たい風が直接当たらないように気をつけてください

 

水やり

雪割草は、もともと斜面に自生している植物です。
そのため、多湿や水が停滞することを嫌います
水やりは、土の表面が乾いたことを確認してから行ってください。
水やりの際は、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと。
なお、花に水がかかると花がしぼみやすくなりますので、株元を中心に与えるようにしましょう。

 

肥料

植えつけ時の用土に元肥が入っていない場合は、緩効性肥料としてマグァンプK大粒を混ぜ込みます。
また、開花後の葉が展開する時期になったら、液体肥料としてハイポネックス原液を1週間に1回程度を目安に与えましょう。
その後、夏場の肥料はストップし、秋になったら液体肥料を再開します。

 

花がら摘み

雪割草は、灰色かび病という病気の被害に遭いやすい性質をしています。
この予防のためには、咲き終わった花はできるだけ早く摘み取ってください。
また、株元に散った花びらも綺麗に取り除くようにしましょう。

 

植え替え

雪割草の植え替えは、2年に1回を目安に行います。
花の開花後または秋が最適です。
一回り大きな鉢に植え替え、植え替え後は日陰でしっかりと水をやりながら管理してください。

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK大粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約2年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 花木や果樹、バラや宿根草、山野草などの比較的植え替えの少ない植物に適しています。

N-P-K-Mg=6-40-6-15 マグネシウム配合
※使用法:【元肥】土に混ぜ込みます。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

N-P-K=6-10-5
※使用法:水でうすめて7~10日に1回与えます。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

冬の寒さがひと段落し、暖かい日差しが降り注ぐようになると花を咲かせる雪割草。雪どけを待ちきれずに雪の間を割って出るようにつぼみを覗かせる...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future