メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup61『シャトー ドゥ シュベルニー』

Labyrinth バラの迷宮 pickup61『シャトー ドゥ シュベルニー』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 フランス デルバール
花色 鮮黄色からレモンイエロー
花形 中輪(6~7cm)/カップ咲き/四季咲き
香質 強香 さわやかな柑橘系の香り
樹形 高さ1.5×幅1.2m

株全体を覆う黄色のグラデーションは、品の良いさわやかさ。

紅をさした蕾から鮮やかな黄色に開花。咲き進んでレモンイエローになっていき、花芯をほのかにのぞかせ、はらはらと散っていく。

中輪カップ咲き・房咲き。花の印象通りのさわやかな柑橘系の香りがあり、「新鮮な春の果実の香りの後に夏の果実の香りがあらわれ、最後にはバニラの香りに」と表現される。

樹は直立気味に伸びるシュラブでよく茂るが、まとまりの良い株に。樹勢が強いが2m以上伸びることはなく、耐病性も高い。小さめのつるバラとしてさまざまな構造物に仕立てることが可能。

2016年パリ・バガテルコンクールでベストシュラブ賞受賞、2017年フランス園芸協会のローズ・オブ・ジ・イヤー、第14回ぎふ国際ローズコンテストで銀賞・可児市長賞(耐病性・修景性に優れる)・シティ・オブ・アデレード賞(BestFL)受賞。

2016年秋にフランス・ロワールの古城シュベルニー城の城主・ヴィブレー侯爵に捧げられた。2017年日本発表。

シャトー ドゥ シュベルニー

咲き始めは鮮黄色、咲き進んでレモン色に

シャトー ドゥ シュベルニー

満開時は株を黄色のグラデーションで覆う

シャトー ドゥ シュベルニー

シュベルニー城とバラ‘シャトー ドゥ シュベルニー’

シャトー ドゥ シュベルニー

ポタジェにも植わる

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup60『ザ ポエッツ ワイフ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup60『ザ ポエッツ ワイフ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup62『はいから』

Labyrinth バラの迷宮 pickup62『はいから』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup61『シャトー ドゥ シュベルニー』

Labyrinth バラの迷宮 pickup61『シャトー ドゥ シュベルニー』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram