メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup64『ソワイユ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup64『ソワイユ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 日本 京阪園芸F&Gローズ「ローズアロマティーク」(小山内健作出)
花色 オフホワイト・中央の弁先ピンク
花形 7~8㎝の中輪/カップ~ロゼット咲き/四季咲き
香質 スズランの香りも感じるダマスクとフルーツ
樹形 高さ0.8~1.0mの木立性

オフホワイトの丸いカップから咲き始め、次第に中央にピンク色を現す。

開くと大きめで丸い外側の花弁が、中央に重なった細い舟弁をふんわり包み込む。

花つき良く細い枝先にも花をつけ、春から初冬まで咲き続ける。

季節によって微妙に表情を変えて咲き、秋花は中央の花弁の先に切れ込みが入って紅色をぼかしたり、蹴込み斑が入る。

光が描く陰影が色として見えて、クシャクシャッと少し乱れたロゼット咲きとなり、まるで鳳凰が舞うような印象に。

さわやかさと甘い香りはスズランを感じる、ダマスクとフルーツの芳香。葉は中くらいのオールドローズタイプ。

枝は細く、花の重みでふんわりと横に広がって、高さ約1.0mの丸みをおびた樹姿に。シュートはあまり出ず、先から枝分かれしていく。

花名はワインにも使われる表現用語で、「シルキー」という意味のフランス語。

アーリーモダンローズの花や樹のスタイルに、オールドローズのフワフワ感、ヒラヒラ感を複色で表現した2019年発表のローズアロマティーク。

ソワイユ

少し乱れた感じのロゼット咲き

ソワイユ

さわやかさと甘さのある香りが漂う

ソワイユ

咲き始めのカップ咲きの花(写真上)と咲き進んで弁先の紅の蹴込み斑が目立つ花(中央)

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup63『恋きらら』

Labyrinth バラの迷宮 pickup63『恋きらら』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup65『ル サブリエ 』

Labyrinth バラの迷宮 pickup65『ル サブリエ 』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup64『ソワイユ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup64『ソワイユ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram