Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる 幸せを呼ぶハーブ・オレガノ。上手に育てるポイントは?

植物の種類から調べるSEARCH

幸せを呼ぶハーブ・オレガノ。上手に育てるポイントは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

「ガーデニングを始めてみたいけどお花を育てるのは自信がない・・・」
という方にもおすすめなのがハーブ栽培。

ハーブ栽培は、キッチンの出窓やべランダなどで気軽に始めることができます。
今回ご紹介するのは、そんなハーブ類の中でも人気の高いオレガノ
ここでは、オレガノの特長や育て方のポイント、育て方の注意点などをご紹介します。

オレガノの特長

オレガノは、地中海沿岸地方を原産とするシソ科の多年草。
ヨーロッパでは紀元前から使われているといわれ大変歴史の長いハーブです。
強い香りが特徴で、乾燥させた葉は、お肉料理や魚料理・ピザなどをはじめさまざまな料理に用いられています。

また、幸せを呼ぶハーブとも呼ばれ、その葉を結んで花冠して用いる風習もあります。
丈夫で育てやすいため、はじめてガーデニングをするという方にもおすすめです。

オレガノの育て方のポイント、育て方の注意点

育てやすいオレガノですが、上手に育てるためにはいくつかポイントがあります。
以下を参照してぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

種まき・苗植えについて

オレガノは、種まきでも苗植えでも育てることができます。
種まき・苗植えいずれも、適期は4月〜5月または9月〜10月

 

種まきの場合

底の浅い育苗ポットにハーブ用の土を入れ、種同士が重なり合わないように撒き、上から薄く土をかぶせます。
たっぷりと水をあげ、土を乾燥させないよう、適時水やりをしてください。
発芽後、本葉が出たら間引きし、強い株だけを残します
その後、本葉が6枚から8枚程度になったら、培養土を使って鉢やプランターに植え替えをしましょう。
苗同士の間隔が狭いと株が蒸れてしまいますので、30cm程度空けます

 

苗植えの場合

購入したポット苗よりひとまわり大きな鉢に植え替えをします。
植えつけ時に根を崩さないように注意してください。
複数の苗をプランターに植え替える場合は、苗同士の間隔を30cm程度空けます

 

栽培場所

オレガノは日光を好む性質をしていますが、まだ株が弱いときにいきなり強い日差しに当てると、葉焼けを起こして枯れやすくなってしまいます。
最初のうちは日陰や半日陰で管理し、徐々に明るい場所に移動させ、慣らしていきましょう。

また、夏場は直射日光や西日で葉焼けを起こしやすくなるので、半日陰で管理してください。
このほか、オレガノは多湿が苦手ですので、湿度の高い場所に置いたり、雨の当たる場所に置いたりするのは避けましょう

 

水やりについて

オレガノは乾燥気味にしたほうが上手に育ちます
鉢植えの場合の水やりは土の表面が完全に乾くまで待ってから。
庭植えの場合は水やりは基本的に必要ありません。

 

肥料について

植えつけ時に、元肥として緩効性肥料「マグァンプK中粒」を混ぜ込むか、あらかじめ元肥マグァンプKが配合された用土「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」を用いましょう。
追肥とは生育の様子をみながら、肥料効果が約2~3ヶ月持続する「ネクスコート野菜・くだもの用」を株元にバラまきます。

この記事に関連する商品について

ハイグレード野菜&ハーブ

アミノ酸配合でおいしい野菜をつくります

  • いろいろな野菜の生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • アミノ酸配合により、おいしい野菜をつくります。
  • 良質の原料を使用した肥料なので、収穫後安心してお召し上がりいただけます。

N-P-K=6-6-6 アミノ酸・ビタミン・高純度天然糖質(トレハロース)配合
※使用法:水でうすめて1週間に1回与えます。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

「ガーデニングを始めてみたいけどお花を育てるのは自信がない・・・」という方にもおすすめなのがハーブ栽培。 ハーブ栽培は、キッチンの出窓やべ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future