Plantiaトップ 調べる 季節から調べる 今年のバラの締めくくり&大苗の植えつけ適期!11月にしたいバラのお手入れ

季節から調べるSEARCH

今年のバラの締めくくり&大苗の植えつけ適期!11月にしたいバラのお手入れ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

11月になると今年の秋バラの季節は終わりに近づきます。
日に日に残っている花も少なくなってきて、なんだか寂しい気分になってしまうものですね。
でも、最後の締めくくりとなる月だからこそ、「ありがとう」の気持ちを込めてしっかりとお手入れをしてあげましょう。
また、11月はバラの大苗の植えけ・植え替えの適でもあります。
来年も美しいバラを楽しめるかどうかは、この時期のお手入れにかかっていると言っても過言ではありません。
今回は、そんな11月にしたいバラのお手入れ方法についてご紹介します。

11月下旬になったらお礼肥を与えよう

11月下旬ごろになると、花数が少なくなっているはずです。
バラは開花するためにたくさんエネルギーを使用します。
開花で失われた栄養を補うために、お礼肥(追肥)をしっかり与えましょう
その際にカリ成分を多く含む肥料を与えましょう

カリ成分は枝を硬くしめ、冬の寒さに耐える充実した株にします
おすすめはカリ成分の多い液体肥料『微粉ハイポネックス』です。

花がらや落ち葉を除去して病害虫の予防を

11月に入ると病害虫の被害は減ってきますが、それでも油断は大敵。
落ちた花がらや葉が地面にそのままになっていると、そこから病害虫が発生しやすくなります
特に注意したいのは、黒点病やうどん粉病・ハダニ・アブラムシなどです。
このタイミングでしっかりと退治、治療することで、病害虫の越冬を防ぎ、来春の病害虫の発生を少なくすることができます。
その際には各症状に効果を発揮する専門のお薬を使用しましょう。
うどん粉病や黒星病には優れた効果を発揮する『フローラガードAL』または、うすめて使う『サルバトーレME』。
アブラムシにはうどん粉病にも効果を発揮する『マイテミンスプレー』を。
ハダニには卵から成虫まですべてのステージに効果がある『ダニダウン水和剤』がおすすめです。

11月は大苗の植えつけ適期!

大苗とは、新苗を畑(地植え)で育て、秋に掘り上げたものを指します。
わかりやすく言うと「すでにしっかりと成育し、春には花を咲かせることができる大人の苗」ということですね。

10月を過ぎると大苗が園芸店などでたくさん出回るようになります。
11月は、大苗の植えつけ適期です。
ぜひ大苗を購入し、植えつけを行いましょう。
大苗のメリットは、すでにしっかり育っている苗のため来春の開花を楽しめるということです。
新苗のように接ぎ口が剥がれる心配もありません。

 

大苗を選ぶときのポイント

この時期に出回る大苗はポット苗(鉢)が主流ですが、他に裸苗・根まき苗があります。
裸苗とは、根がむき出しの状態のもの。
根まき苗とは、根をピートモスなどでくるんで布を巻いた状態のもの。
ポット苗(鉢)は、ポットに仮植えしてあるものを指します。

裸苗や根まき苗は価格が安めですが、すぐに植えけを行わないと乾燥して弱ってしまいます
その点、ポット苗は少し値段は高くなりますが、すでに仮植えポットに入っているため、そこまですぐに植えつけをしなくても大丈夫です。
品種によっては来年の春に花を楽しんでからの植えつけでもOK。
バラをはじめて栽培される方は扱いやすさを考えポット苗がおすすめです。

なお、裸苗・根まき苗・ポット苗ともに、枝が木のようにしっかりしていて硬いもの・株元が太いものを選びましょう
細い枝がたくさんあるものより、硬くて太い枝が一本でもある苗がおすすめです。

品種選びについては、すでに栽培しているバラとの相性、置き場所を考えるといいでしょう。
難しく考えすぎに、洋服のコーディネートを考える要領でOK。
「今オレンジ色とピンクのバラがあるから、「白を足したら綺麗になりそう」「大ぶりのバラばかりだから、少し小ぶりなものを足そうかな」というように、花色や形をまず選ぶとスムーズです。

 

大苗の植えけ方法

大苗の植えつけ方法は、基本的には新苗の植えつけと同じです。
植えつけの際には肥料効果が2年間持続する『マグァンプK大粒』を混ぜ込みましょう。
庭植えの場合は、1日5〜6時間は日が当たり風通しのよい場所を選びましょう
以前にバラが植えてあった場所に植えるときは、連作障害をおこすこともありますので、新しい土(バラ専用培養土)に入れ替えるようにします。

11月~2月はバラの休眠期です。
休眠期は根をほぐすことができます。
植えつけ時のポイントは、古い根は切り取り根をよくほどいて八方に広げるように植えつけること。
植えつけをしたら、根の活着を促すため『植物用活力液リキダス』を希釈した水をたっぷりとあげましょう。

この記事で紹介された植物について

バラ

気品あふれるその華やかな姿から、花の女王とも呼ばれるバラ。花の色形のバリエーションは豊富で、ツル性や木立性、一季咲きから四季咲きなどいろいろなタイプあります。比較的病害虫がつきやすい傾向がありますが、樹木なので枯死することはあまりありません。

詳細を見る

この記事に関連する商品について

フローラガードAL

バラの黒星病・うどんこ病に優れた効き目!予防と治療のダブル効果!

詳細を見る

マグァンプK大粒

バラの植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約2年間)効き続け、植物の生育を良くします。

リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。

詳細を見る

リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!

植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

11月になると今年の秋バラの季節は終わりに近づきます。日に日に残っている花も少なくなってきて、なんだか寂しい気分になってしまうものですね。...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future