Plantiaトップ 調べる 初心者向けの草花を調べる 丈夫で育てやすい!艶やかな花と香りを楽しむ、ゼラニウムの育て方

初心者向けの草花を調べるSEARCH

丈夫で育てやすい!艶やかな花と香りを楽しむ、ゼラニウムの育て方

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

色とりどりの鮮やかな花と芳しい香りが特長のゼラニウム。
開花時期が長く、丈夫で育てやすい植物ですので、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。
今回は、そんなゼラニウムの育て方のポイントや育て方の注意点をご紹介します。

ゼラニウムの特長

ゼラニウムは、南アフリカやケープ地方を原産とするフウロソウ科の多年草です。
花色は、白やオレンジ・赤・ピンク・黄色など。咲き方も一重咲きや八重咲きなどさまざまです。
また、品種が多く、ハーブのように高い香りを放つものやカラーリーフとして楽しめるものもあります。
丈夫な性質をしていますので、ガーデニングが初めての方にもおすすめできる植物です。

ゼラニウムの育て方のポイント・育て方の注意点

植えつけ

ゼラニウムの植えつけは、3月下旬から6月下旬、または9月前後が適しています。
その後、6月から11月下旬まで花を咲かせます
開花時期が大変長いのもゼラニウムの魅力。
なお、ゼラニウムはとっても旺盛で庭植えすると根が広がって他の植物が栄養を吸収できなくなる傾向があります。
そのため、庭植えではなく鉢植えをおすすめします。

 

用土

ゼラニウムの用土には、ハイポネックス培養土 鉢・プランター用を用いましょう。

 

肥料

ゼラニウムは開花時期が長く、次々と花を咲かせますので、肥料切れには注意が必要です。
春から夏、秋には液体肥料ハイポネックス原液を1週間に1度を目安に与えるか、プロミック草花・鉢花用を置肥しましょう。

 

栽培場所

ゼラニウムは日光を好みますので、1年を通じて日当たりが良い場所で栽培しましょう。
日光が足りないと、花つきが悪くなってしまいます。
また、葉の色も薄くなったり班入りの葉は模様が出なくなったりすることがあります。

 

夏場の管理

ゼラニウムは高温多湿な環境が得意ではありません
気温が高い状態が続くと、葉の色が悪くなったり葉が落ちたり花色が薄くなることがあります

また、夏場の西日や直射日光も避けてください。
夏場の管理には植物用活力液リキダスがおすすめです。

 

梅雨時期の管理

雨が直接当たると茎や葉が腐ったり病害虫被害に遭いやすくなったりします。
梅雨のように雨が続く時期には軒下などに移動させてください。

 

冬場の管理

ゼラニウムは耐寒性が高いため、暖地であれば冬も屋外で栽培可能です。
ただし、雪が降ったり、気温が0℃を下回ったりする地域の場合は、室内に取り込んだ方が安心です。

 

水やり

ゼラニウムは多湿を嫌いますので、水の与えすぎには注意が必要です。
用土の表面が乾いたら水を与える程度にとどめます。
特に生育が緩慢になる冬場は、乾かし気味に管理しましょう。
土の表面が乾いたのを確認してから2〜3日後に水やりをすれば十分です。
また、夏場の水やりは朝か夕方以降の涼しい時間帯に
暑い時間帯に水を与えると土の中の温度が上がり根腐れを起こす原因になることがあります。

 

植え替え

鉢底から根が出てきている場合や株を大きくしたい場合は、必要に応じて植え替え作業を行ってください。
植え替え時期は真夏と真冬でなければいつでも問題ありません。

 

花がら摘み

ゼラニウムは次々と花を咲かせますので咲き終わった花は順次摘み取るようにしましょう。
花茎の付け根から横に倒すようにしてカットします。

 

 切り戻し

生育が旺盛なゼラニウムは放っておくと草姿のバランスが悪くなってしまいます。
春または秋に茎を短く切り戻し、形を整えるようにしましょう。

この記事で紹介された植物について

ゼラニウム

あざやかな花を長期間花を楽しませてくれるゼラニウム。ヨーロッパの窓辺で良く見かける花です。一重咲き・八重咲きとあり、最近では色幅がどんどん増えています。

詳細を見る

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

N-P-K=6-10-5
※使用法:水でうすめて7~10日に1回与えます。

詳細を見る

プロミック 草花・鉢花用

置くだけ簡単!
花の色を鮮やかに、たくさん咲かせます!

  • 早く効く成分とゆっくり効く成分を含み、安定した肥料効果が約2ヵ月間持続します。
  • 臭いも少なく清潔なので、玄関先、ベランダ、室内でも安心して使用できます。
  • 花つきを良くするリンサン成分と、株を丈夫にするカリ成分を多く含み、つぎつぎと花を咲かせます。

N-P-K=8-12-10 マグネシウム・マンガン・ホウ素配合
※使用法:土の上に置きます。

詳細を見る

リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!

  • 植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。
  • 3種類の有効成分コリン、フルボ酸、アミノ酸を配合。3つの相乗効果で植物本来が持っている力を引き出し、元気な植物を育てます。
  • カルシウムをはじめ、各種ミネラル(鉄・銅・亜鉛・モリブデンなど)が、植物に活力を与えます。
  • リキダスの各種成分は、土壌中で植物が吸収しやすくなっているので、与えてすぐに効果を発揮します。
  • カルシウムが多く含まれているので、トマトの尻腐れ症などのカルシウム欠乏症を予防します。
  • 不足しがちな必須微量ミネラルをバランス良く供給するので、おいしい野菜や、美しい花が育ちます。
  • 葉面散布液としても使用できます。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

色とりどりの鮮やかな花と芳しい香りが特長のゼラニウム。開花時期が長く、丈夫で育てやすい植物ですので、ガーデニング初心者の方にもおすすめで...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future