Plantiaトップ 学ぶ 【ニューギニアインパチェンス育て方】熱帯生まれの鮮やかな花。ニューギニアインパチェンスの育て方

学ぶSTUDY

【ニューギニアインパチェンス育て方】
熱帯生まれの鮮やかな花。ニューギニアインパチェンスの育て方

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ニューギニアインパチェンスは、夏に鮮やかな花を咲かせる熱帯原産の植物です。大変生育旺盛で、お手入れ次第では秋まで開花を楽しめます。ぜひご自宅で植えて育ててみましょう。今回はニューギニアインパチェンスの育て方や管理方法などをご紹介します。

 

 

目次

花も葉も豪華なニューギニアインパチェンス
 インパチェンスとの違い

ニューギニアインパチェンスをご自宅で育てるには
 土づくり
 植えつけ
 肥料
 水やり
 日当たり

ニューギニアインパチェンスの管理方法は?
 花がら摘み・切り戻し
 アブラムシ対策
 夏越し
 冬越し
 

花も葉も豪華なニューギニアインパチェンス

ニューギニアインパチェンスは、5月~11月まで花を咲かせる、開花期間の長い植物です。可愛らしい花は色数が豊富で、ピンクや赤、白、黄、オレンジ、紫、複色などさまざまなものがあります。草丈は20cm程度から50cmほどに育つものまでさまざまです。品種によっては横に大きく広がって伸びるため、ひとつ植えるだけでもお庭が華やかになるでしょう。

また、ニューギニアインパチェンスは生育旺盛で育てやすいのがメリットです。ガーデニング初心者の方でも気軽に栽培に挑戦できるでしょう。品種が豊富なため、好きな花の色や葉の形などを選ぶ楽しみもあります。

 

インパチェンスとの違い

インパチェンスは、アフリカホウセンカとも呼ばれる熱帯原産の植物です。そのなかでも、ニューギニア一帯で自生している品種からつくられたものの総称を「ニューギニアインパチェンス」といいます。ニューギニアインパチェンスは、インパチェンスと比べて大きく育てることができ、花や葉も豪華な品種がたくさんあります。濃い色で肉厚の葉と鮮やかな花の組み合わせは、熱帯の風景を思わせます。原産地では多年草ですが、日本の冬の寒さに耐えられないことが多く、一年草として扱われることもあります。ただし、暖かい環境を用意できれば冬越しも可能です。

ニューギニアインパチェンスをご自宅で育てるには

ニューギニアインパチェンスは暖かい場所で水をたくさんあげると元気に育ちます。開花中は肥料を定期的に与えることで、美しい花を咲かせ続けてくれるでしょう。こちらでは、ニューギニアインパチェンスの基本的な育て方をご紹介します。

 

土づくり

ニューギニアインパチェンスを育てるときは、水はけ・水もちの良い土をつくりましょう。地植えの場合、腐葉土や堆肥などを混ぜて耕しておきます。鉢植えの場合は、ハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。

 

植えつけ

ニューギニアインパチェンスは、苗を購入して植えつけするのが一般的です。5月~6月になったら、花壇やお庭、プランターなどに植えつけましょう。大きく広がって伸びるため、複数株を植える場合は株間を十分にとりましょう。ニューギニアインパチェンスは連作障害を起こしやすいという特徴があります。昨シーズンにインパチェンスを植えていた場所は避けるか、新しい土を用意して植えつけしましょう。

 

肥料

ニューギニアインパチェンスはたくさん花をつけるため、肥料を定期的に与えるのが大切です。まずは植えつけ時、元肥として約1年間肥料効果が持続するマグァンプK中粒を混ぜ込みます。生育期間中は月に2回~3回の頻度でハイポネックス原液を与えるか、肥料効果が約3~4か月持続するコーティング肥料ネクスコートいろいろな植物用を与えましょう。

 

水やり

ニューギニアインパチェンスは水切れすると株が弱り、枯れてしまうことがあります。乾燥しないよう、土の表面が乾き始めたら水をあげましょう。乾燥しやすい夏場は水やりの頻度を増やすと良いでしょう。鉢植えなら涼しい朝夕に1回ずつ、地植えの場合は花や葉にハリがなくなってきたら水をあげます。真昼の高温になる時間帯は避けて水やりしましょう。

 

日当たり

ニューギニアインパチェンスは日当たりの良い場所を好みます。日陰で育てると徒長し、花つきが悪くなってしまうこともあるため気をつけましょう。ただし、強い直射日光を当て続けると、葉や花が焼けてしまいます。夏には明るい日陰や半日陰の場所に移動させるのがおすすめです。

ニューギニアインパチェンスの管理方法は?

ニューギニアインパチェンスを長く育てていくためには、どういったお手入れをすれば良いのでしょうか?最後に、ニューギニアインパチェンスの管理方法をご紹介します。切り戻しやアブラムシ対策を行いながら、次のシーズンまで大切に管理しましょう。

 

切り戻し、花がら摘み

ニューギニアインパチェンスの花は、開花期間中に次々と咲いては散っていきます。自然と落ちていった花がらは、こまめに摘み取りましょう。また、花が一通り咲き終わる7月ごろになったら、大胆に切り戻しをしてみましょう。草丈の半分、もしくは3分の1程度になるまでカットしてかまいません。切り戻しの際は、脇芽まで切らないように気をつけましょう。切り戻しの後、脇芽が伸びて再び花を咲かせてくれるはずです。

 

アブラムシ対策

気温が高くなると発生するのがアブラムシです。発見したらすぐにヒットゴール液剤ALで駆除して、これ以上増やさないようにしましょう。また、専用の薬剤を使えば防除も可能です。肥料と殺虫剤がひとつになったハイポネックス原液 殺虫剤入りもおすすめです。アブラムシが発生しないよう、しっかりと対策してあげましょう。

 

夏越し

ニューギニアインパチェンスは耐暑性が強く、夏でも美しい花を咲かせてくれます。ただし、暖地のように気温が上がりやすい環境だと株が弱ってしまうことがあります。真夏には直射日光を避け、風通しの良い場所へ移動させましょう。また、夏が来るまでに切り戻しを済ませておくと蒸れるのを防げます。株全体をすっきりとさせて、夏越しに備えましょう。

 

冬越し

ニューギニアインパチェンスは耐寒性が弱く、5℃以下の環境では枯れてしまいます。次のシーズンも育てたい場合は、室内へ取り込んで冬越しさせましょう。地植えの場合、掘り上げて鉢に植え替えます。霜がつき始める前に、早めに移動させましょう。おすすめの置き場所は日当たりの良い窓辺ですが、夜になると室温が下がってしまうようなら、別の場所へ移動させましょう。株は生育が停滞するため、水やりの頻度は減らします。土は乾かし気味にして、表面が乾ききったタイミングで水をあげましょう。

冬を無事に乗り越えて、春が来たら再び元通りに育てていきます。水やりを増やし、肥料を定期的に与えながら、次の開花を待ちましょう。

おわりに

ニューギニアインパチェンスは、熱帯原産で暑さに強いのが特徴です。花の色が豊富で、寄せ植えにすると大変華やかです。ぜひ鉢植えや地植えなどで育て、カラフルな花を楽しみましょう。

 

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら
ネクスコートいろいろな植物用のご購入はこちら
マグァンプK中粒のご購入はこちら
ハイポネックス原液のご購入はこちら
ヒットゴール液剤ALのご購入はこちら

 

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

ネクスコート いろいろな植物用

1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけの新製品!

  • すべての成分を1粒に配合。むらなく均一に撒ける。
  • 高温や降雨などの気象状況にも影響を受けにくい。
  • 1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけ。
  • 樹脂コーティングだから手が汚れず、臭わない。

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

詳細を見る

ヒットゴール液剤AL

ろいろな花や樹木、観葉植物の虫や病気に

  • 花き類や観葉植物など幅広い範囲の植物でアブラムシ類の防除に有効です。
  • 殺菌成分も含まれているので、本剤のみでうどんこ病、白さび病、アブラムシ類、チャドクガ(ケムシ)、アオムシの防除に使うことができます。
  • そのまま使えるスプレータイプなので簡単に散布でき、植物に近づけて使用しても、冷害をおこすことはありません。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ニューギニアインパチェンスは、夏に鮮やかな花を咲かせる熱帯原産の植物です。大変生育旺盛で、お手入れ次第では秋まで開花を楽しめます。ぜひご...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future