Plantiaトップ 学ぶ マリーゴールドは育てやすく開花期間が長い!ご自宅での栽培方法は?

学ぶSTUDY

マリーゴールドは育てやすく開花期間が長い!
ご自宅での栽培方法は?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

黄色やオレンジ色など、元気の出る色の花をたくさん咲かせるマリーゴールド。大変育てやすいため、ガーデニング初心者にぴったりの植物です。ぜひご自宅で栽培して、長い開花期間を楽しみましょう。今回は、マリーゴールドの基本情報や育て方、管理方法などをご紹介します。

明るい色に元気をもらえるマリーゴールドの花

マリーゴールドは耐暑性が強く、開花期間の長い植物です。お手入れの手間がほとんどかからないため、初心者向けの花でもあります。基本的には一年草ですが、多年草のものも存在します。

耐寒性は弱いものの、品種や育てる地域によっては12月でも花を咲かせることがあります。花の色は黄色やオレンジなど、元気の出るようなカラーが有名です。ほかにも、白や赤、複色などの花をつける品種もあります。

 

コンパニオンプランツとして有名

マリーゴールドは、コンパニオンプランツとして植えられることがあります。コンパニオンプランツとは、一緒に植えることで害虫などを寄せ付けない効果が期待できる植物のことです。家庭菜園やガーデニングで、ほかの植物と寄せ植えしてみても良いかもしれません。

 

ナスとマリーゴールドのコンパニオンプランツを寄せ植え

 

 

基本的な種類

マリーゴールドには多数の品種が存在しますが、大きく「フレンチ」「アフリカン」「メキシカン」などの種類に分けることができます。こちらでは、マリーゴールドの基本的な種類をご紹介します。

 

・フレンチ

フレンチに分類されるマリーゴールドは、草丈が低く、横に広がりやすい特徴を持ちます。暑さに比較的弱く、30℃を超えると花が咲かなくなることがあります。

 

・アフリカン

アフリカンマリーゴールドは、草丈が高く、大輪の花をつけるものがよく見られます。フレンチ種よりも暑さに強く、気温が高くなっても花をつけるのが特徴です。

 

・メキシカン

メキシカンマリーゴールドは、小さな花をたくさんつけるものが多く見られます。葉は細く、たくさん茂ります。

 

種からでも簡単! マリーゴールドの育て方

マリーゴールドは種からでも簡単に育てられる花のひとつです。ガーデニングの定番ともいえるマリーゴールドを、ぜひご自宅で栽培してみましょう。こちらでは、マリーゴールドの基本的な育て方をご紹介します。

 

土づくり

マリーゴールドは、水はけの良い土を好みます。地植えの場合、腐葉土や堆肥などを混ぜ込んで耕しておきましょう。鉢植えの場合は元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されているハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。

 

種まき、育苗

マリーゴールドの発芽適温は15℃~20℃とされています。暖地の場合は3月ごろから、寒冷地になると4月下旬から種まきの適期になることが多いようです。また、温暖な土地であれば、夏以降に種まきして秋から冬の開花を楽しむこともできます。冬の育苗は管理に少々気を使うため、初めての場合は春に種まきするのがおすすめです。種まきの際は育苗ポットやセルトレーなどにばらまきします。土は5mm程度かぶせ、水をたくさんあげましょう。霧吹きを使うと、種が流れてしまわないため便利です。

 

植えつけ

本葉が6枚~7枚になったら植えつけが行えます。複数の株を植える場合、株間は20cm以上あけましょう。とくにアフリカン種は大きくなるものが多いため、30cm以上は間隔をあけるのがおすすめです。

植えつけ時は、ポットから優しく苗を取り出し、根鉢を少しほぐしてあげましょう。深植えしすぎないよう注意し、土をしっかりとかためます。その後、水をたくさんあげて、日の当たる場所で育てていきましょう。

 

水やり

マリーゴールドは過湿を嫌います。地植えにする場合、雨が降っている限りは水やりする必要はありません。降雨のない日が続いて乾燥したら水を与えましょう。

鉢植えの場合は水切れが起こりやすいため、土が乾燥したら水をたくさんあげましょう。

 

肥料

地植えの場合、土づくりの際に腐葉土や堆肥、元肥としてマグァンプK中粒を混ぜ込みましょう。葉が色あせて元気がなくなってきたら、2週間に1回ハイポネックス原液を与えましょう。

鉢植えの場合は、植えつけの際に元肥としてマグァンプK中粒を与えておきます。1週間から10日に1回ほどの頻度でハイポネックス原液を施します。で追肥しましょう。

ただし、真夏はマリーゴールドの根、株全体が弱りやすくなっています。暑い盛りに施肥すると、かえって元気がなくなってしまうため気をつけましょう。夏場は植物用活力液リキダスで根に活力与えましょう。気温が下がってから再び追肥し、開花を助けましょう。

マリーゴールドの花を長く楽しむためのコツ

マリーゴールドはほとんど管理の手間がかかりませんが、長く開花を楽しむには少々コツがいります。花がら摘みや剪定を行い、できるだけたくさんの花を咲かせていきましょう。最後に、マリーゴールドの管理方法をご紹介します。

 

アブラムシ対策

マリーゴールドを育てる際は、アブラムシの発生に注意します。茎や新芽などについているのを見つけたら、すぐにヒットゴール液剤ALで取り除きましょう。また、ヒットゴール液剤AL使って防除したり、肥料と殺虫剤がひとつになったハイポネックス原液 殺虫剤入りを使うのもおすすめです。

 

花がら摘み

枯れた花をそのままにしておくと、種をつくりはじめてしまいます。次の花を咲かせるための栄養がとられてしまうため、長く花を楽しみたいときは花がら摘みを行いましょう。

枯れた花は、茎ごとカットしてかまいません。葉の上や株元などに落ちている花がらがあったら回収しておきましょう。

 

剪定

マリーゴールドは葉が茂りやすいため、適宜剪定して風通しを良くしてあげましょう。混みあった部分の葉や、株の中心に向かって伸びている茎などをカットします。過湿になると枯れてしまうこともあるため、株全体に日光が当たるように剪定してあげましょう。

 

切り戻し

マリーゴールドは開花期間が長いものの、そのままにしておくと一度しか花を咲かせないことがほとんどです。一度目の開花が終わった後に切り戻しをすると、再び開花を楽しめるかもしれません。

切り戻しは、極端に暑い時期を避けて行います。春に種をまいた場合、真夏になる前の7月ごろや、涼しくなってきた9月ごろに切り戻しするのがおすすめです。

また、生育初期に摘心しておくと、脇芽が伸びて花がたくさんつきやすくなります。本葉が10枚程度の頃に、先端から2節ほどの場所をカットしてみましょう。

おわりに

マリーゴールドはお手入れの手間がかからず、元気な花をたくさん咲かせてくれる植物です。育てやすいため、ガーデニング初心者の方にもおすすめできます。切り戻しや花がら摘み、追肥を行い、長く開花を楽しみましょう。

この記事に関連する商品について

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

詳細を見る

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 

肥料と殺虫剤がひとつに!

  • 水でうすめて株元へ処理するだけで、肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできます。
  • 殺虫成分であるジノテフランは、浸透移行性に優れ、根から吸収されて植物全体に行きわたり効果が持続します。

詳細を見る

リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!

  • 植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。
  • 3種類の有効成分コリン、フルボ酸、アミノ酸を配合。3つの相乗効果で植物本来が持っている力を引き出し、元気な植物を育てます。
  • カルシウムをはじめ、各種ミネラル(鉄・銅・亜鉛・モリブデンなど)が、植物に活力を与えます。
  • リキダスの各種成分は、土壌中で植物が吸収しやすくなっているので、与えてすぐに効果を発揮します。
  • カルシウムが多く含まれているので、トマトの尻腐れ症などのカルシウム欠乏症を予防します。
  • 不足しがちな必須微量ミネラルをバランス良く供給するので、おいしい野菜や、美しい花が育ちます。
  • 葉面散布液としても使用できます。

詳細を見る

ヒットゴール液剤AL

いろいろな花や樹木、観葉植物の虫や病気に

  • 花き類や観葉植物など幅広い範囲の植物でアブラムシ類の防除に有効です。
  • 殺菌成分も含まれているので、本剤のみでうどんこ病、白さび病、アブラムシ類、チャドクガ(ケムシ)、アオムシの防除に使うことができます。
  • そのまま使えるスプレータイプなので簡単に散布でき、植物に近づけて使用しても、冷害をおこすことはありません。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

黄色やオレンジ色など、元気の出る色の花をたくさん咲かせるマリーゴールド。大変育てやすいため、ガーデニング初心者にぴったりの植物です。ぜひ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future