Plantiaトップ 学ぶ 可愛い花姿といい香りが魅力!ニオイスミレの育て方、育て方のポイント

学ぶSTUDY

可愛い花姿といい香りが魅力!ニオイスミレの育て方、育て方のポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

お花の楽しみ方として、花色、花形を見て楽しむだけでなく、芳香も重要なポイントではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、見た目も可愛くて香りのいいニオイスミレです。
ここでは、ニオイスミレの特長や育て方のポイント、育て方の注意点などをご紹介します。

ニオイスミレってどんな植物?

ニオイスミレは、西アジアやヨーロッパ、北アメリカを原産とするスミレ科の植物です。
スイートバイオレット、西洋スミレとも呼ばれています。
花の色は紫色や青・ピンク・黄色・白などで、草丈は10cmから15cmほど。
秋に植え付けをすると、春に直径2cmほどの可愛らしい花を咲かせます。
可憐な花姿でガーデニング植物として大変人気です。

また、ニオイスミレには、名前の通り高い芳香があります
スミレの花の砂糖菓子のようにエディブルフラワーとして用いられたり、香水の原料としても使われたり、観賞用以外でもさまざまな用途で重宝されています。

ニオイスミレの育て方のポイント、育て方の注意点

ニオイスミレは匍匐性(ほふく性)でどんどん増える、育てやすい植物です。
寒さにも強く丈夫なので、ガーデニングが初めての方にもおすすめできます。
以下のポイントや注意点を参考に、ぜひ栽培してみてくださいね。

 

 ・植えつけ時のポイント

秋になるとニオイスミレの苗が出回りますので、購入して植えつけをしましょう。
種から育てることもできますが、苗からの方が簡単です。
植えつけ適期は10月前後。この時期に植えつけをすると、春に花が咲きます。
庭植えの場合は、株間を30cmほど空けて。
鉢植えの場合は、根の乾燥を防ぐために一回り大きな鉢を用いるようにしましょう。

 

・用土選びのポイント

水もちのいい土壌を好むニオイスミレの植えつけ用土には「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」が適しています。
元肥としてマグァンプKが配合されていますので、とても便利です。

 

・栽培場所について

ニオイスミレは、明るい半日陰で管理しましょう。
特に夏場は直射日光や強い西日が当たらないようにしてください。
寒さには強い性質をしていますが、暑さには弱いので、夏場は温度管理にも注意が必要です。

 

・水やりの仕方

ニオイスミレは、やや湿っぽい土壌を好みます。
基本的には土の表面が乾いてから水を与えるようにしますが、水が不足すると枯れてしまいますので、株の状態を見ながら調節しましょう。
特に、乾燥する夏場の水やりはたっぷりと。
栽培環境にもよりますが、朝晩2回与えてください。

 

・肥料の与え方

秋から春にかけて、週に1度を目安に液体肥料「ハイポネックス原液」を与えると、花付きがよくなります。

 

・病害虫について

ニオイスミレは丈夫な性質をしているため、病害虫の被害はさほど心配ありません。
ただし、新芽やツボミにアブラムシが発生することがあります。
アブラムシの退治と肥料やりが同時にできる「ハイポネックス原液 殺虫剤入り」を250倍に希釈して株元に散布しましよう。

 

・その他の注意点

ニオイスミレはエディブルフラワーとして用いられていますが、食べられるのは花と葉のみ。
根と種には毒性が含まれていますので注意してください。

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

ハイポネックス原液

めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

N-P-K=6-10-5
※使用法:水でうすめて7~10日に1回与えます。

詳細を見る

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 

肥料と殺虫剤がひとつに!

  • 水でうすめて株元へ処理するだけで、肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできます。
  • 殺虫成分であるジノテフランは、浸透移行性に優れ、根から吸収されて植物全体に行きわたり効果が持続します。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

お花の楽しみ方として、花色、花形を見て楽しむだけでなく、芳香も重要なポイントではないでしょうか?今回ご紹介するのは、見た目も可愛くて香り...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future