Plantiaトップ 学ぶ 空のように澄んだ青さを持つネモフィラご自宅で育てて春を満喫しよう

学ぶSTUDY

空のように澄んだ青さを持つネモフィラ
ご自宅で育てて春を満喫しよう

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

青色の小さな花がたくさん咲く様子が有名なネモフィラ。種からでも気軽に育てられるため、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。ぜひネモフィラをご自宅で育てて、春のお庭を満喫しましょう。

 

広い場所でのびのびと育てよう
・土づくり
・種まき・育苗
・苗選び
・植えつけ
・水やり
・肥料
・日当たり
・花がら摘み
・アブラムシ対策
・霜よけ

ネモフィラの主な品種
・ネモフィラ・メンジェシー
・ペニー・ブラック
・ネモフィラ・プラチナスカイ
・スノーストーム

愛らしい青の絨毯が大人気のネモフィラ

ネモフィラは一株に可憐な花をたくさんつける一年草です。原産地は北アメリカで、日当たりが良く冷涼な気候を好みます。開花時期は春まっさかりの4~5月です。陽光の下で軽やかに揺れるネモフィラは、春にふさわしい爽やかさと愛らしさで、見る人の心を和ませます。

 

ネモフィラには名所がたくさん

ネモフィラは、日本にもたくさんの名所があります。もっとも有名なのは、茨城県にある「国営ひたち海浜公園」ではないでしょうか。春の野原を覆うように咲く一面のネモフィラは、可憐でありながら見る者を圧倒します。現在は多くの方々が訪れる、茨城の一大観光スポットとなっています。

ほかにも群馬県の「東武トレジャーガーデン」や広島県の「Flower village 花夢の里」、福岡県の「海の中道海浜公園」など、ネモフィラ畑の名所は各地にあります。広大な大地に咲き誇るネモフィラを見たいときは、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

広い場所でのびのびと育てよう

ネモフィラは種からでも、比較的簡単に育てられます。お庭に植えて、のびのびと咲くネモフィラを堪能してみましょう。ここからは、ネモフィラの育て方をご紹介します。

 

土づくり

ネモフィラは水はけが良く、肥料の少ない土を好みます。元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されている「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」がおすすめです。

 

種まき・育苗

ネモフィラの種まきは9~11月の秋に行います。ただし、寒冷地であれば3~4月の春にまいても構いません。種を入手したら育苗ポットやセルトレーなどに土を入れ、3粒~4粒ずつまきましょう。土は厚く覆いすぎないよう注意します。気温が15~20℃であれば、10日ほどで発芽します。

ネモフィラの種は小さいため、上から水をあげると流れてしまうことがあります。ポットの下に受け皿を敷いて水を入れ、底から吸水させるのがおすすめです。

また、種は花壇や鉢へ直接まくこともできます。芽が出てしばらくしたら、元気なものを残して間引いてしまいましょう。

 

苗選び

苗から育てる場合は、ポットに入った苗を購入して植えつけしましょう。基本的に2~4月になったら苗が店頭に並び始めます。葉が色あせておらず、茎が短く太いものを選ぶのがおすすめです。育ちすぎた苗を植えつけるよりは、できるだけ若い苗を植えつけたほうが、開花期間が長くなります。

 

植えつけ

育苗ポットの底にまで根が伸びてきたら、鉢や花壇へ植えつけましょう。株間は15~20cm程度あけてください。深植えしすぎると過湿状態になりやすくなるため、土を掘りすぎないよう気をつけて植えましょう。

このとき、緩効性肥料「マグァンプK中粒」を土に混ぜておくと苗が元気に育ちます。地植えにする場合は、土を少し盛った場所に植えることで水はけを良くしましょう。

 

水やり

ネモフィラは過湿を嫌います。特に地植えの場合、根が定着したら定期的に水を与えなくても構いません。何日も雨が降らず、乾燥したときに水やりをしましょう。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたタイミングで水やりします。

また、ネモフィラは長期間の雨が苦手です。梅雨の時期は、雨の当たらない場所へ移動してあげましょう。

 

肥料

ネモフィラは肥料を与えすぎると間延びして、葉が茂りすぎてしまいます。施肥は少量ずつ行いましょう。

地植えの場合、植えつけ時の元肥のみでも十分に育ちます。鉢植えの場合は、生育が遅いときや葉の色が悪いときに「プロミック 草花・鉢花用」を与えましょう。

 

日当たり

ネモフィラは日当たりの良い場所へ植えることで元気に育ちます。日光が存分に当たるよう、日陰になりにくい場所に植えてあげましょう。多少の日陰でも育ちますが、日の当たるところへ置いくとより花つきが良くなります。

 

花がら摘み

ネモフィラは一株に次々と花を咲かせます。花がら摘みをこまめに行えば、より長く花を楽しめるでしょう。

また、枯れて落ちた葉や周辺の雑草の除去も定期的に行いましょう。そのままにしておくと日当たりや風通しなどが悪くなり、生長に影響が出てしまいます。

 

アブラムシ対策

春になるとアブラムシがたくさん発生することがあります。事前に薬剤をまいておき、発生を予防するのがおすすめです。もし苗についているのを発見したら、すぐに肥料と殺虫剤がひとつになった「ハイポネックス原液 殺虫剤入り」で駆除しましょう。

 

霜よけ

ネモフィラは耐寒性が少々弱く、霜に当たると枯れてしまうことがあります。育苗期間中は特に霜よけしてあげるのが大切です。根元をビニールやわらで覆ってマルチングしたり、段ボールやかごなどをかぶせたりして霜を防ぎましょう。

 

 

ネモフィラの主な品種

 

ネモフィラ・メンジェシー

ネモフィラ・メンジェシーは、ネモフィラの代表的な品種です。花の直径は2cmほどと小さいものの、冴え冴えとした青色の花びらが目を引きます。この花は、中心部分が白くなっているのが特徴です。和名は「瑠璃唐草(ルリカラクサ)」で、英語では「Baby blue eyes」と呼ばれます。

 

ペニー・ブラック

名前の通り、黒みを帯びた紫色の花が特徴のペニー・ブラック。ネモフィラ・メンジェシーよりやや小型の花をつけます。花びらの裏側や縁が白くなっているのが特徴です。白いつぼみから黒い花が開くため、個性的な花を楽しみたい方にもおすすめです。

 

ネモフィラ・プラチナスカイ

ネモフィラ・プラチナスカイは、葉の色がプラチナのように白くなっているのが特徴です。花そのものはネモフィラ・メンジェシーと似ています。葉の色を引き立たせるため、ほかの植物と寄せ植えするのも良いでしょう。

 

スノーストーム

スノーストームは雪のように白い花びらをつけるネモフィラです。花びらには小さな黒い斑点があります。花の直径は2~3cmと、ネモフィラ・メンジェシーと同じくらいです。青色系のネモフィラの中にスノーストームを植えても、良いアクセントになるでしょう。

 

おわりに

ネモフィラは広がるように生長するため、グラウンドカバーにぴったりです。もちろん、鉢植えにしても華やかな花の姿を楽しめます。ぜひご自宅で育てて、春のお庭を愛らしく彩りましょう。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用をご購入はこちら
マグァンプK 中粒をご購入はこちら
プロミックいろいろな植物用をご購入はこちら
ハイポネックス原液 殺虫剤入りをご購入はこちら

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 

肥料と殺虫剤がひとつに!

  • 水でうすめて株元へ処理するだけで、肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできます。
  • 殺虫成分であるジノテフランは、浸透移行性に優れ、根から吸収されて植物全体に行きわたり効果が持続します。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

青色の小さな花がたくさん咲く様子が有名なネモフィラ。種からでも気軽に育てられるため、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。ぜひネモフィ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future