Plantiaトップ 学ぶ 釣り鐘型の花がふわふわと揺れる。カンパニュラの育て方

学ぶSTUDY

釣り鐘型の花がふわふわと揺れる。
カンパニュラの育て方

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

すらりと伸びた茎にふわふわとした釣り鐘型の花がいくつも咲くカンパニュラ。かわいらしい見た目と育てやすさから、ガーデニングで人気の高い植物です。ボリューム感のある花の姿は、お庭の彩りとしてもぴったりです。ぜひご自宅で育ててみましょう。

 

ヨーロッパ原産のメルヘンチックな花
カンパニュラの名前
小惑星カンパニュラ

カンパニュラの育て方は?
土づくり
苗選び
植えつけ
水やり
肥料

こまめにお手入れして花を長く咲かせよう
日当たり
冬越し
支柱
アブラムシ対策
剪定
花がら摘み

ヨーロッパ原産のメルヘンチックな花

カンパニュラはキキョウ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、明るい岩場に自生している姿がよく見られます。メルヘンチックな愛らしさを持つためか、イラストや挿絵などの題材としても人気があります。

日本でよく育てられているのはカンパニュラ・メディウムという品種です。二年草で、初夏から夏にかけて、ピンクや紫、白などの花を咲かせます。草丈は高めで1mを超えることがあります。切り花としても人気です。

 

カンパニュラの名前

カンパニュラの名前はラテン語の「campana(小さな鐘)」からつけられたとされています。英語では「Bell Flower」と呼ばれます。ただし、リンドウやキキョウなどの花も「Bell Flower」といわれることがあるようです。英語で呼ぶときは、混同しないように気をつけましょう。

また、カンパニュラには「フウリンソウ」や「ツリガネソウ」などの和名があります。風鈴や釣り鐘に似た花の見た目からの連想で、この名がついたようです。

 

小惑星カンパニュラ

火星と木星の間にある小惑星帯。その中の星のひとつに「カンパニュラ」という名前がついています。発見したのは「カール・ラインムート」という天文学者です。ラインムートは生涯のうちに400個近い小惑星を発見しました。中には「スカビオサ」や「ゲラニウム」など、「カンパニュラ」以外にも植物にちなんだ名前が多数存在するそうです。

カンパニュラの育て方は?

カンパニュラは一株にたくさんの花をつけます。うまく育てられたら、数十輪の花を咲かせてくれることもあります。日当たりや水はけなどに気をつけて、丁寧に栽培しましょう。

 

土づくり

カンパニュラは水はけがよく、栄養のある土を好みます。用土を用意するときは、小粒の赤玉土と腐葉土を6:4で混ぜたもの、元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されている「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」がおすすめです。地植えの場合は腐葉土を混ぜて耕しておきましょう。

また、カンパニュラは酸性の土を嫌います。土が酸性に傾いている場合は、石灰を混ぜ込みましょう。

 

苗選び

カンパニュラは苗から育てると簡単です。葉が変色しておらず、茎ががっしりとしたものを選びましょう。虫がついていないか確認するのも大切です。

カンパニュラの開花時期は4~7月です。9~10月に苗を植えつけしておき、冬の寒さに当てることで花芽をつけます。ただし、品種によっては冬を越えなくとも花を咲かせるため、春植えすることも可能です。

春植えの際は花のついた苗も選べます。ある程度株が育った丈夫な苗を入手し、花が咲ききる前に植えつけを済ませましょう。ただし、株をより大きく育てたい場合は、秋からじっくりと育てるのがおすすめです。

 

植えつけ

直根性のカンパニュラは、根が傷むと大きなダメージを受けてしまいます。植えつけの際は根鉢を崩さないように注意しましょう。根の活着促進のため植物用活力液「リキダス」を1,000倍にうすめて与えます。できるだけ植え替えをしないで済むよう、植える場所をよく考えておくのも大切です。

また、カンパニュラは過湿に弱く、水はけが悪いと根腐れすることがあります。地植えの場合は、水はけが良くなるように土を盛り上げた上に植えてください。複数の株を植える際は、株間を30cmはあけましょう。

 

水やり

カンパニュラへの水やりは、土の表面が乾いたタイミングで行います。気温の下がる冬場は生育が停滞するため、水やりの回数を少なくします。土の表面が乾いてから、2~3日後に水を与えましょう。また、冬の水やりは、夜に行うと地面が凍結する可能性があります。気温の高い日中に水やりを済ませましょう。

 

肥料

地植えの場合も鉢植えの場合も、植えつけの際に元肥として「マグァンプK中粒」を与えます。その後は冬場を除き1週間に1回ほどの頻度で「ハイポネックス原液」をあげると、花つきが良くなります。

 

 

こまめにお手入れして花を長く咲かせよう

カンパニュラは花がら摘みや剪定などのお手入れをすることで、より長い開花期間を楽しめます。ここからは、カンパニュラを育てるときに気をつけたいことや管理方法などをご紹介します。

 

日当たり

カンパニュラは日が当たらない場所に植えると元気がなくなり、花つきが悪くなってしまいます。日当たりの良好な場所へ植えつけましょう。ただし、耐暑性はそこまで強くないため、真夏は直射日光を避けるのが大切です。地植えの場合は日よけをつくってあげましょう。

 

冬越し

上記の通り、カンパニュラは基本的に冬の低い気温に当てることで花芽をつけます。屋内にはできるだけ取り込まず、冬も屋外で育てましょう。ただし、根の凍結には注意しなければいけません。寒冷地であれば土の上にわらやビニールなどを被せて、地面が凍らないようにしましょう。

 

支柱

茎がすんなりと伸びるカンパニュラは、草丈が高くなる品種だと支柱が必要になることがあります。ある程度の大きさになったら、茎に支柱を添えて折れないようにしてあげましょう。支柱は土深くまで埋め、しっかりと固定するのが大切です。

 

アブラムシ対策

アブラムシは春から発生する虫です。カンパニュラにアブラムシがついたままだと生育が悪くなってしまいます。見つけたらすぐに専用の薬剤で駆除しましょう。予防のため、事前に薬剤を使用しておくのもおすすめです。アブラムシを見つけたら肥料と殺虫剤がひとつになった「ハイポネックス原液 殺虫剤入り」を使うといいでしょう。

 

剪定

カンパニュラは風通しが悪くなると株がダメージを受けてしまいます。枝が込み合ってきたら余分なものをカットして整え、風通しを良くしましょう。また、花が8割程度咲いたら、一度切り戻しをしてみましょう。脇芽が伸びてきて、次の花が再び咲き始めるはずです。

 

花がら摘み

カンパニュラは開花時期になると次々と花を咲かせます。咲き終わった花がらはこまめに摘み取りましょう。そのままにしておくと種ができ始め、開花期間が短くなってしまいます。

おわりに

すんなりとした茎とふわふわした花が魅力的なカンパニュラ。冬の間は生育が鈍りますが、耐寒性は強いため冬越しも手軽に行えます。初夏から夏にかけてたくさんの花を咲かせるカンパニュラを、ぜひ育ててみてはいかがでしょうか。


 

 

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

 

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら

 

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

 

マグァンプK中粒のご購入はこちら

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

 

ハイポネックス原液のご購入はこちら

詳細を見る

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 

肥料と殺虫剤がひとつに!

  • 水でうすめて株元へ処理するだけで、肥料やりとアブラムシ駆除が同時にできます。
  • 殺虫成分であるジノテフランは、浸透移行性に優れ、根から吸収されて植物全体に行きわたり効果が持続します。

 

ハイポネックス原液 殺虫剤入りのご購入はこちら

詳細を見る

リキダス

植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!

  • 植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。
  • 3種類の有効成分コリン、フルボ酸、アミノ酸を配合。3つの相乗効果で植物本来が持っている力を引き出し、元気な植物を育てます。
  • カルシウムをはじめ、各種ミネラル(鉄・銅・亜鉛・モリブデンなど)が、植物に活力を与えます。
  • リキダスの各種成分は、土壌中で植物が吸収しやすくなっているので、与えてすぐに効果を発揮します。
  • カルシウムが多く含まれているので、トマトの尻腐れ症などのカルシウム欠乏症を予防します。
  • 不足しがちな必須微量ミネラルをバランス良く供給するので、おいしい野菜や、美しい花が育ちます。
  • 葉面散布液としても使用できます。

 

リキダスのご購入はこちら

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

すらりと伸びた茎にふわふわとした釣り鐘型の花がいくつも咲くカンパニュラ。かわいらしい見た目と育てやすさから、ガーデニングで人気の高い植物...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future