メニュー

🕊Garden Tour🕊37:テーマカラーを白茶色ブルーに絞り、白い板塀でまとまりよく仕上げた、どの季節もお花で華やかなお庭をご紹介します。

SNSはこちら

  • アイコン:Instagram
  • アイコン:YouTube

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』

今回は、テーマカラーを白茶色ブルーの3色に絞り、白い板塀で植物や雑貨がよく映えるようにまとまりよく仕上げた、どの季節もお花が咲く華やかなお庭をご紹介します。

どの季節もお花があり華やかになるように工夫しています

2020年6月に家を新築し、念願の庭を持つことができました。3年目のまだ若い庭です。

玄関前には、四季を感じられる落葉樹のアオダモをシンボルツリーにし、その足元には、母から譲り受けたコデマリを植えました。

春先はアオダモの深緑と真っ白なコデマリの花がとても美しいです。

お気に入りの赤いポストの下には、大好きなミニバラグリーンアイスを植えています。とても強く1年を通してよく咲いてくれます。

咲き始めのホワイトから、咲きすすむとグリーンに変化し、1房でグラデーションを楽しめます。

玄関の階段部分には、鉢植えで植物を育てています。

アナベルは新枝咲きなので、一般のアジサイのように剪定時期をあまり気にする必要がなく、ピンクのアナベルは、2番花を楽しめる品種もあるので大好きです。

玄関は北側になるので、朝日しか当たらず、たくさんのお花はおけませんが、寂しくならないように、日向で育てたお花を満開になったらこちらに運んできて、ローテーションで常にお花があるようにしています。

自分の庭を持てたことによって、庭づくりを本格的にスタートしました

子どもの頃からガーデニングする母を見て育ちました。

自分の子どもができてから家にいる時間が増えて、ガーデニングを始めました。

2年前に念願のマイホームを建て、自分の庭を持てたことによって、庭づくりを本格的にスタートしました。

ガーデニングは、暮らしの一部であり、心の拠り所であり、なくてはならないものです

私にとってガーデニングは、私の暮らしの中の一部であると共に、心の拠り所であり、なくてはならないものです。

心が疲れたり悲しいことがあっても、土をいじり花の手入れをしていると、くもった心が晴れていくように感じます。

そして春満開の庭を眺めていると、それまでの手入れの苦労も全て報われて、心が満たされていきます。

ガーデニングに出会えて本当に幸せです。

お庭の見どころ

入り口から見た庭の様子は、友達からは、お花屋さんのようだねとよく言われます

小さなお庭なので地植えの植物以外に鉢植えで管理して一番見頃な時にメインの庭に持ってくるようにして、どの季節もお花があり華やかになるように工夫しています。

また、テーマカラーを白、茶、ブルーに絞ってまとまりよく見えるようにしています。

入り口から見た庭の様子は、友達からは、お花屋さんのようだねとよく言われます。

庭に入ると香りの良いバラが出迎えてくれます。バラは真宙(まそら)四季咲きでアプリコットカラーのとてもかわいいバラです。

足元には、ミニバラ達が満開です。

季節の雑貨や寄せ植えも置いています。

ブルーのお花はクレロデンドルム・ブルーウィング
青い蝶々のようなお花をたくさん咲かせてくれる低木です。

耐寒性がないので、真冬はお部屋の中で育てます。レンガの花台と青いA型看板はDIYしたものです。

育てて3年目になる、ミニバラのスイートチャリオットは丈夫でミニバラには珍しく芳香があります

育てて3年目になる、ミニバラのスイートチャリオットが咲いています。8号鉢で大きく育てています。

丈夫でミニバラには珍しく芳香があります。レンガの花台と青いA型看板はDIYしたものです。

小道の脇では、1年草のシノグロッサムがこぼれ種で咲いています。

本来は春のお花ですが、お花が終わり、こぼれた種子から秋にも花を見せてくれました。

勿忘草にとてもよく似ています。地植えのつるバラも少し咲いています。

ガーデンテーブルには、小さな雑貨や、庭で今一番よく咲いている花の鉢を置いています。

今の季節は、ガーデンマムが長く楽しめます。

ガーデンマム ジジという品種で、2年目で今年は1回り大きくなり、たくさんのお花を咲かせてくれました。

お隣との境界にDIYで白い板塀を作りました。植物も雑貨もよく映え、みなさんに褒めてもらえるコーナーになりました

昨年、お隣との境界にDIYで白い板塀を作りました。一人で設置するのは大変でしたが、板塀ができたことで庭に一体感ができました。

塀が白いので植物も雑貨もよく映え、みなさんに褒めてもらえるコーナーになりました。

多肉やミニバラ、これからはパンジー、ビオラを置いて華やかになります。

花壇は、庭ができて最初に夫婦で作りました。

まだひょろひょろですが、アカシアプルプレアと、つるバラのクリスティアーナを植えてます。

今は鉢を置いていますが、これから冬にかけてチューリップなどの球根や種まきした春のお花の苗などを植え込んで春の準備をします。

アナベルの小径を通っていきます。アナベルはお気に入りの花の一つです。

地植えの白いアナベルやピンクアナベル、鉢植えでアナベルピコティシャルマンを育てています。

新枝咲きなので、西洋紫陽花のように剪定時期をあまり気にすることもないですし、どこで切っても来年にはきちんとお花を咲かせてくれます。品種によっては二番花を楽しめるものもあります。

今回のお庭

instagram:sei_garden
https://www.instagram.com/sei_garden/

関連記事

🕊Garden Tour🕊38:オリーブ古木を庭の中心に、庭を囲うようにオージープランツやネイティブプランツを100種類以上植栽したお庭

🕊Garden Tour🕊38:オリーブ古木を庭の中心に、庭を囲うようにオージープランツやネイティブプランツを100種類以上植栽したお庭

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』 今…

関連記事

🕊Garden Tour🕊36:コテージガーデンやアジサイの小道、秘密の花園、アジサイの丘などのエリアに分かれた、四季折々楽しめるお庭

🕊Garden Tour🕊36:コテージガーデンやアジサイの小道、秘密の花園、アジサイの丘などのエリアに分かれた、四季折々楽しめるお庭

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』 今…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

🕊Garden Tour🕊37:テーマカラーを白茶色ブルーに絞り、白い板塀でまとまりよく仕上げた、どの季節もお花で華やかなお庭をご紹介します。

🕊Garden Tour🕊37:テーマカラーを白茶色ブルーに絞り、白い板塀でまとまりよく仕上げた、どの季節もお花で華やかなお庭をご紹介します。

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram