Plantiaトップ 彩る 落ち葉アート2019

彩るCOLOR

落ち葉アート2019

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

昨年、大きな反響を頂いた落ち葉アート。仕掛け人の柵山直之さんは、落ち葉アートは「楽しいガーデニングの一環」、という思いを持って、今年も元気に挑戦中です。昨年同様、愛知県名古屋市千種区の星が丘を拠点に、さまざまな落ち葉アートを発信しています。また、ハッシュタグ #落ち葉アート星が丘2019 でインスタグラム投稿も受け付けています

 

過去の落ち葉アートの記事はこちら

 

 

img_3329
小さな絵画

 

晩秋のわずかな時間でしか楽しめない、そしてはかなく消えていく落ち葉アート。だからこそリアルに楽しんでみませんか、と柵山さんはいいます。そして落ち葉アートって、人と人が気軽に触れ合える、そして一緒に楽しめる、とても素敵なコミュニケーションツールでもあるといいます。

 

img_3330
活動の拠点、星が丘のアートスペース

 

img_3385
作業を楽しんでいます

 

img_3334
すてきなハートづくり

 

img_3332
子どもたちも興味津々

 

img_4004
落ち葉の迷路ガーデン

 

また、生徒会主導の環境活動の中で、秋の終わりを楽しむ企画としての落ち葉アートに挑戦する学校も出てきました。愛知教育大学附属名古屋中学校です。ここに柵山さんが呼ばれて、落ち葉アートの指導に行ったそうです。イチョウ並木の下、柵山さんの指導を受けながらたくさんの落ち葉をアートに仕上げていったとのこと、そして、最後は、そのほかの落ち葉も集めて腐葉土を作り、それを使って学校に花壇をしつらえて花を育てたいという提案が生徒さんからあったと、先生がブログで書いています。なんて素敵な発想、提案でしょう。落ち葉アートからそういった活動が生まれることに、植物の繋がり、自然の輪廻のようなものに知らず知らずのうちに、生徒さんたちが接している、そんな感じを受けました。翌日も朝から落ち葉アートに挑戦をしたとのこと、みな素晴らしい冬の朝を過ごしましたね。

 

dscf2548

dscf2550

dscf2543

 

 

落ち葉アート、身近で使いやすくて絵になりやすせいか、どうしてもイチョウの葉の作品が多くなってしまいますが、モミジバフウなどカラフルな落ち葉もたくさんあります。イチョウの葉のようにホウキで掃いて作品をつくるのではなく、1枚1枚の葉をアート的に並べることでできる作品もあります。

 

img_3335
地上の流れ星

 

img_3338
カラフル落ち葉フラワー

 

img_3345
額縁アート

 

昨年に引き続き、歩道などでの落ち葉アートもやっています。足を止めて見ていく人も多くなり、柵山さん自身も前より恥ずかし気なくできるようになったといいます。ほんの少しかもしれませんが、落ち葉アートが認知されるようになってきからかもしれません。

img_3341
歩道に縁取り模様

 

img_3387
道行く人も楽しんで

 

img_3343
小学校でも

 

自然と触れ合いながら季節の一瞬を切り取る落ち葉アート、今年の作品や活動をご紹介してきましたが、落ち葉の季節はもう少し続きます。あなたの町のどこかで、まだ間に合う、落ち葉アートに挑戦してみませんか!

img_3453
落ち葉色がシックで大人の雰囲気のアート

 

img_3342
真っ赤なハート

 

img_e3350

リース状にしたモミジバフウの葉色のグラデ―ションが素敵
神奈川県立花と緑のふれあいセンター・花菜ガーデン/作

 

img_e3351
ハートの形や色合いがきれい
神奈川県立花と緑のふれあいセンター・花菜ガーデン/作


こちらもご覧ください!

 

写真協力:柵山直之、神奈川県立花と緑のふれあいセンター・花菜ガーデン

この記事が気に入ったらシェアしよう!

昨年、大きな反響を頂いた落ち葉アート。仕掛け人の柵山直之さんは、落ち葉アートは「楽しいガーデニングの一環」、という思いを持って、今年も元...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future