Plantiaトップ 彩る お庭を彩る こんなの憧れちゃう!美しく芸術的な庭「イングリッシュガーデン」の魅力って?

お庭を彩るCOLOR

こんなの憧れちゃう!美しく芸術的な庭「イングリッシュガーデン」の魅力って?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

おうちの庭をもっと綺麗にしたい……そんな人におすすめしたい、イングリッシュガーデン。今回は、イングリッシュガーデンの特徴や魅力、おうちの庭に取り入れるときのポイントなどをご紹介します。あわせて、日本各地のおすすめイングリッシュガーデンもピックアップ。ぜひ参考にしてみてください。

イングリッシュガーデンってなに?

イングリッシュガーデンとは、18世紀頃にイギリスで確立された庭の様式のこと。特徴は、自然の景観美を大切にしながら庭造りを行うという点にあります。木は刈り込まずに枝が伸びていて、植物や花は無理に剪定されることなく栽培されています。そして池は自然のなかに溶け込むよう配置されています。

このような様式が生まれた背景には、17世紀頃のイギリス貴族たちの間で流行った写実主義の風景画の影響があります。彼らは、風景画の世界観を絵画のなかだけでなく、現実風景にも取り入れたいと考えました。そして生まれたのが、イングリッシュガーデンなのです。

おうちの庭に取り入れるポイントは?

おうちの庭にイングリッシュガーデンの様式を取り入れるには、ふたつの大きなポイントがあります。

ひとつは、「植物の自然なままの姿を生かす」ということです。イングリッシュガーデンは、作り込みすぎないことがとても大事。イメージは「野原に咲く植物」。高さの異なる植物を選び、庭の手前から奥にかけて高くなっていくよう栽培すると美しい見た目になります。また、植物の配置は「ボーダー」を意識しましょう。大きさや色の違う花をボーダー状に植えていくと、イングリッシュガーデンらしい自然美を演出できます。花が咲く時期を考慮して、開花時期が同じ植物を近くに栽培することも、美しい庭作りのカギとなります。

そしてもうひとつのポイントは、「自然の素材を使う」ということです。イングリッシュガーデンに配置する通路やベンチ、テーブルといった人工物には、木や石の素材を使いましょう。プラスチックなどの人工物は極力置かないほうが、自然美を演出できます。

イングリッシュガーデンに行ってみよう

全国には、美しいイングリッシュガーデンがたくさんあります。

 

・上野ファーム(北海道)

所在地は北海道旭川市。人気ガーデナー・上野砂由紀さんがイギリス留学時に「イギリスの庭を北海道につくりたい」という強い想いで造り始めたお庭です。北海道の気候風土にあった素敵なイングリッシュガーデンです。

公式サイト http://www.uenofarm.net/index.php

 

・アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン(群馬)

群馬県のジョイフル本田新田店に隣接する約2万平方メートの本格的なイングリッシュガーデン。テーマを持つ22の庭園があり、土・日曜はスタッフによる「ガーデンツアー」があります。

公式サイト http://www.joyfulhonda.com/aw/

 

・横浜イングリッシュガーデン(神奈川)

横浜イングリッシュガーデンの所在地は、神奈川県横浜市。1,600種類ものバラが栽培されており、春から秋まで四季折々のバラが園内を彩ります。都内からの交通アクセスも良好です。

公式サイト http://www.y-eg.jp/index.php

 

・キングスウェルイングリッシュガーデン(山梨)

本場イギリスのイングリッシュガーデンの権威「英国The N.G.S.」公認のデザイナーによって設計されたのが、こちらのキングスウェルイングリッシュガーデン。バラのアーチや沈床式フォーマルガーデンは、イングリッシュガーデンの伝統美を忠実に再現しています。園内には、コンサートホールやレストランもあります。

公式サイト http://www.kingswell.co.jp/index.php

 

いかがでしたか。

イングリッシュガーデンの自然美を見ていると、なんだか心がホッと安らぐという人も多いのではないでしょうか。それはきっと、自然を自然のまま生かし、本来の姿の植物を愛でているから。ぜひみなさんも、イングリッシュガーデンの様式をおうちの庭に取り入れたり、各地のイングリッシュガーデンに足を運んでみたりしてください。

この記事で紹介された植物について

バラ

学名:Rosa /科名:バラ科 /別名: /原産地:アジア、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、アフリカの一部 /分類:落葉(ツル性)低木 /耐寒性:中~強/耐暑性:中~強

気品あふれるその華やかな姿から、花の女王とも呼ばれるバラ。花の色形のバリエーションは豊富で、ツル性や木立性、一季咲きから四季咲きなどいろいろなタイプあります。比較的病害虫がつきやすい傾向がありますが、樹木なので枯死することはあまりありません。

詳細を見る

この記事に関連する商品について

マグァンプⅡ速効き

速効性と緩効性をバランスよく配合した微量要素入り肥料 速効+緩効性・・・長期持続性肥料

詳細を見る

オスモコートエグザクト

鉢物、花苗、野菜苗、切花、野菜、果樹用コーティング肥料 緩効性肥料

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

おうちの庭をもっと綺麗にしたい……そんな人におすすめしたい、イングリッシュガーデン。今回は、イングリッシュガーデンの特徴や魅力、おうちの庭...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future