メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup147『ル タン デ スリーズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup147『ル タン デ スリーズ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 フランス デルバール
花色 赤紫色
花型 中大輪/波状弁ロゼット咲き
香質 ローズ・フルーツの強香
樹形 高さ1.5×幅1.0mのシュラブ

赤紫色の花弁が波打つロゼット咲き。中大輪。四季咲きで、一番花は深い赤紫色、二番花~夏の花は赤みが強く、秋の花は黒みが強い赤い花に咲く。

数輪~5輪の房咲き。ローズとフルーツの強い香り。花保ちが良く、雨による痛みが少ない。

樹は高さ1.5×幅1.0mのシュラブ。小さめのつる仕立てにも。枝は細めで樹勢・耐病性に優れる。2023年発表。

樹勢がありつるバラ仕立てもできるデルバールの最新作。強めの剪定で、秋までは鉢植えで自立シュラブとしても仕立てられる。

地植えや大鉢植えでは長い枝が伸びることがあり、伸びた枝を生かしてつる仕立てにも。

花名はシャンソンでポピュラーな「さくらんぼの実る頃」から。同曲はジブリ映画『紅の豚』でも歌われた名曲。

第16回国営越後丘陵公園「国際香りのばら新品種コンクール」でS系金賞・国土交通大臣賞を受賞。

その香りは「ダマスク・モダン~透明感のあるライチの香りにやわらかなティーの香りと蜂蜜様の甘さが調和した深みのあるダマスク系の香り」と評される。

ル タン デ スリーズ

深い赤紫色の波状弁ロゼット咲き中大輪の一番花。強香で花保ちが良い(写真:花ごころ)

ル タン デ スリーズ

初冬の花は黒みが強い赤色

ル タン デ スリーズ

強剪定で、鉢植えでまとまった株姿で咲く(写真:花ごころ)

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup146『サマルカンド』

Labyrinth バラの迷宮 pickup146『サマルカンド』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup148『彩』

Labyrinth バラの迷宮 pickup148『彩』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン バラのストレスブロック

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup147『ル タン デ スリーズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup147『ル タン デ スリーズ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram