メニュー

🕊Garden Tour🕊61 小さい頃に見た童話の世界観が詰め込まれた、毎年種まきをして咲かせるパステルカラーのお花が印象的なお庭

SNSはこちら

  • アイコン:Instagram
  • アイコン:YouTube

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』

今回は、小さい頃に見た童話の世界観が詰め込まれた、毎年種まきをして咲かせるパステルカラーのお花が印象的なお庭をご紹介します。

種まきから育てた植物、簡単ながらもサイズに合ったDIY、果樹を育てて収穫しクッキングなど、小さな庭に好きなものを詰め込んで、生活にガーデニングを溶け込ませています。

種まきの一年草が中心の花壇や、DIY、甘酸っぱい実が収穫できる果樹など好きなものが詰め込まれたお庭

お庭の花壇は、ジキタリスやカンパニュラなど少しの宿根草に加えて、チューリップなどの球根を忍ばせて、後は種まきの一年草を中心に構成して、ナチュラルな花壇になるようにしています。

種まきで育てたリナリアやシレネ・ホワイトパンサーは、花壇のお花の隙間からたくさんお花を咲かせてくれているので、とても重宝しています。

お庭にはレンガの小道や、鉢植えが飾れる白いラダー、リビングとお庭をつなぐステップコーナ、雑貨や植物を飾れるコーナーなど自分の好みのものを多数DIYしています。

丸い花壇には姫リンゴのアルプス乙女を植えてあり、春にはかわいいお花を楽しんで、秋には甘酸っぱい美味しい実がなります。

この果樹を収穫して手作りスイーツを作り、屋根付きパーゴラの下で花壇を眺めながらお茶を楽しむと、日常を忘れてしまいます。

マイホーム購入を期に、本格的にガーデニングを始めました

小さな頃に絵本で見た、お花が咲く森のようなお庭に憧れていました。

独身時代にたまたま友達と訪れたオープンカフェで、構造物にバラが誘引された風景を見たのをきっかけに、園芸店で一年草を買い、育てて楽しむようになりました。

「いつか庭を持ち、ガーデニングをしてみたい」という憧れが募っていき、マイホーム購入を期に本格的にガーデニングを始めました。

私にとってガーデニングとは

生きがいでありお薬です。ボタニカルセラピーという言葉を日々実感しています。体調があまり良くない時も、庭で過ごしていると症状が緩和されます。

ガーデニングは、自然から植物を借り育てる学びの場です。

自分が植物から癒しを受け取っている分、自分も植物にお世話で返す。子供にもガーデニングから、様々な事を感じ取って欲しいと思っています。

動画の見どころ

種まきの一年草を中心に構成した、春花壇

このシーンを見る

春花壇と呼んでいる場所は、元々あったコンクリートの平板を剥がして石ころをどけて土壌改良をして作った花壇です。

ジキタリスやカンパニュラなど少しの宿根草に加えて、秋の植え付け時にはチューリップなどの球根を忍ばせて、後は種まきの一年草を中心に構成しています。
小さなスペースですが、ナチュラルな花壇になるようにしています。

種まきで育てているお花をピックアップしてご紹介します。
花友さんから種をいただいたアマは、少し背が高いので、風にゆらゆらして咲いてる姿がとてもかわいいです。カラフルなお花はリナリアです。

毎年、お店で種を買ってきて、ぱらぱらとまいてお花を咲かせています。

桜のようなお花はシレネ・ホワイトパンサーです。ヘリオフィラという青い小花は、SNSに投稿すると、名前を必ず聞かれる大人気のお花です。

花壇に種をパラパラと撒いておくだけで、たくさんの青いお花を咲かせてくれます。花友さんから種を頂いてから、毎年種まきしてつないでいます。

春花壇のすぐ近くには鳥の蛇口が付いている立水栓があり、こちらは石組みになっています。石組みの立水栓の上には、見頃の鉢の花をディスプレイして楽しんでいます。

子どもと楽しみながら作った、レンガの小道エリア

このシーンを見る

数年前までは砂利が一面に敷き詰められていた場所を、こつこつと自分好みに変えていき、こちらのレンガの小道エリアを作りました。

レンガの小道の中央には4月に満開を迎えるタイム ロンギカウリスがメインの丸い花壇があります。
丸い花壇には姫リンゴのアルプス乙女を植えてあり、春にはかわいいお花を楽しんで、秋には甘酸っぱい美味しい実がなります。

ピンクやブルーのアジュガの株元にはリシマキアが植えてあり、レンガの隙間にも生えているのが、斑入りチドメグサ クリスタルコンフェッティです。
カラーリーフにも活躍をしてほしいので、増えていく姿を見るのがささやかな楽しみです。

レンガの小道は、子どもと一緒に楽しみながら作りました。庭に温かみのある雰囲気がプラスされたので、ここをガラリと変えてみて良かったなと感じています。
レンガの小道の脇には、陶器のキャンドルハウスを置いて箱庭風にしてあるこぢんまりとしたコーナーがあり、子供の遊び場にもなっています。

屋根付きのパーゴラの下で、花壇を眺めながら手作りのスイーツと共にお茶を楽しみます

このシーンを見る

屋根付きのパーゴラには春のバラが咲いている期間だけ白いレースカーテンをつけて、その下で手作りのスイーツと共にお茶を楽しみます。
構造物に花々が咲くローズガーデンへの憧れをこの場所に詰め込んでいます。

元々はこのパーゴラを覆うように黄色のモッコウバラが咲いていましたが、病害虫による被害にあいバトンを繋ぐ形で、つるバラのフィリスバイドを植えています。

庭と食は、私のガーデニングのテーマの一つで、小さい頃に絵本で読んだ世界を目指しています。 屋根付きパーゴラの下のカフェスペースに座って植物を眺めていると、日常を忘れて無になれます。

今回のお庭

Instagram:saya_endou0420
https://www.instagram.com/saya_endou0420/

公開:2023年7月28日

更新:2023年11月25日

この記事が気に入ったらシェアしよう!

🕊Garden Tour🕊61 小さい頃に見た童話の世界観が詰め込まれた、毎年種まきをして咲かせるパステルカラーのお花が印象的なお庭

🕊Garden Tour🕊61 小さい頃に見た童話の世界観が詰め込まれた、毎年種まきをして咲かせるパステルカラーのお花が印象的なお庭

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram