メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup74『ドレープ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup74『ドレープ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 河本バラ園オリジナル(河本純子育種)
花色 モーブピンク・中心茶色
花形 中輪/波状弁カップ咲き・房咲き
香質 ティーの繊細な香り
樹形 高さ0.8mの木立性・横張り
花期 四季咲き

花弁の外側がピンク味の強い赤紫色(モーヴ)、内側に向かって茶色となって房咲きに咲き混じり、優美なグラデーションを表す。

四季咲きで繰り返しよく咲き、季節によって花色のトーンを微妙に変える。波状弁カップ咲き中輪。

小さめの丸くマットな質感の葉・細めの枝先に、花首短く朱色味のある蕾をつけ、最初は花の中央をやわらかに巻き、花の中央をふっくらと膨らませたかたちで咲き始める。

花弁を外側にほどいていくと、内弁が小さめの舟弁・外側には波状弁が重なるカップ型に。

ときに中央に黄色いしべを覗かせる。ティーの繊細な香り。樹は高さ0.8mとコンパクト。横に枝をふんわり広げて、やわらかな樹姿に。

株をコンパクトに保ちよく繰り返し咲くことから、身近な鉢植えにして楽しみたい品種。河本純子氏育種、2019年秋発表。

花も株全体もやわらかで、何色・何咲きと言い切れない花色と花形は、河本純子氏の育種品種ならでは。

同氏のほかの作出品種に比べ花弁が厚め・花色も濃い目なので、「これまでの発表作とは少し雰囲気が違います」(純子さん)。

厚手の記事を使ったドレスが、「ひだ」をつくってゆったり波打つさまを思わせることから、「ドレープ」と命名される。

ドレープ

房咲きになってモーブピンクとブラウンが入り混じる「大人の色」。うつむき加減にやわらかに咲く

ドレープ

最初はふっくらと花芯を抱えて咲き始めるのは、河本純子さんの作品ならでは

ドレープ

咲き進んで波状弁咲きに。花芯に黄色のしべを覗かせてもかわいらしい

ドレープ

全体にモーブピンクにブラウンが混じった感じで咲く秋花

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup73『ベルスーズ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup73『ベルスーズ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup75『ピンク ビンテージ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup75『ピンク ビンテージ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup74『ドレープ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup74『ドレープ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram