メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup123『アンクレット』

Labyrinth バラの迷宮 pickup123『アンクレット』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

Data

作出 日本 コマツガーデン
花色 紅色をおびた赤色
花型 8㎝/カップ咲き/四季咲き
香質 強香
樹形 高さ1.2×幅1.2mの木立性シュラブ

ローズ色をおびた赤色の中大輪カップ咲き。咲き進んで黄色いしべをみせても花形を保つ。四季咲きで、秋花はより赤みが強くカップも深くなる。

ダマスクにシトラスの強香。樹は木立性シュラブで、高さ幅とも1.2m。枝は細く節間のバランスが良く、よく茂る。

花は房咲きになって、うつむき加減にふわっと咲く。花名は女性が付けるアクセサリーから命名。2020年発表のコマツガーデンオリジナル。

香り高い中大輪で、株は大きくなり過ぎずにまとまる。出芽は赤く、下を向く小さめの葉が、この品種のしなやかな艶っぽさを強調。

花がら摘みに加え弱剪定で、鉢植えでもコンパクトに育てられ、庭植えにしてもほかの植物とよく馴染む。

アンクレット

少しうつむいて咲く妖艶な花からは甘い香り

アンクレット

鉢植えにしても株姿がよくまとまる。大苗の翌春の姿

アンクレット

ほかの植物ともよく馴染む。芽吹きが黄金色のホスタ‘ファイヤー アイランド’と

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup122『ジュール ヴェルヌ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup122『ジュール ヴェルヌ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup124『バレッタ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup124『バレッタ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン バラのまくだけ肥料

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup123『アンクレット』

Labyrinth バラの迷宮 pickup123『アンクレット』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram